高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第8巻 高橋たか子 小説4『怒りの子』ほか

高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第8巻 高橋たか子 小説4『怒りの子』ほか

高橋たか子

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

高橋たか子の長編『装いせよ、わが魂よ』『怒りの子』、小説集『遠く、苦難の谷を歩いている時』を収録。

1982年から1985年にかけて発売された長編『装いせよ、わが魂よ』『怒りの子』、小説集『遠く、苦難の谷を歩いている時』の3冊に、短編「恋う」、中編「終りなき出会い」を収録。
『装いせよ、わが魂よ』(1982年10月書き下ろし作品)は、『天の湖』『荒野』に続く、高橋たか子のカトリック受洗後3作目の長編小説で、彼女が神に直進していく霊的な予感に満ちた作品。
一方、『怒りの子』(1985年9月書き下ろし作品)は彼女が“小説家として最後の作品”として、作品の舞台に故郷・京都を選び、京都弁によって殺人というテーマを描いたもので、第37回読売文学賞を受賞した。
小説集『遠く、苦難の谷を歩いている時』は「甦りの家」「遠く、苦難の谷を歩いている時」「病身」の3編で構成され、うち「甦りの家」は年上の女性と美しい少年との愛の儀式を描き、「人形愛」「秘儀」とともに三部作ともいえる背徳的な小説である。
また、短編「恋う」は第12回川端康成文学賞を受賞している。
解説と解題は、生前のたか子と交流のあった文芸評論家・山内由紀人氏が担当。
付録として、『装いせよ、わが魂よ』の生原稿等を収録する。

※この作品は一部、カラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

P+D BOOKS つむじ風(下) 山口瞳 電子全集19 1978〜1979年『血族』 福永武彦 電子全集15 『別れの歌』、随筆の家としてI。 P+D BOOKS 好きな女の胸飾り 福永武彦 電子全集1 「草の花」体験、福永武彦の出発 P+D BOOKS 魔界水滸伝 11 福永武彦 電子全集3 先鋭な実験『夜の三部作』、そして『愛の試み』。 P+D BOOKS つぶやき岩の秘密 P+D BOOKS アマノン国往還記 山口瞳 電子全集7『男性自身 VII 1988〜1991年』 P+D BOOKS 五番町夕霧楼 栗本薫・中島梓傑作電子全集8  [伊集院大介 II] 齋藤 孝の音読破 2  走れメロス 栗本薫・中島梓傑作電子全集26 [伝奇] 山口瞳 電子全集23 1985〜1986年『新東京百景』 山口瞳 電子全集1 『男性自身Ⅰ 1963〜1967年』

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/