高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第12巻 高橋たか子 小説6『きれいな人』ほか

高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第12巻 高橋たか子 小説6『きれいな人』ほか

高橋たか子

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

晩年の長編『きれいな人』『巡礼地に立つ』『墓の話』『過ぎ行く人たち』に、14の短編(うち7編は未発表)を収録。

2003年から2009年にかけて発表された長編『きれいな人』『巡礼地に立つ フランスにて』『墓の話』『過ぎ行く人たち』に加え、「群像」に断続的に発表された短編6編と、それに続く未発表の短編7編等を収録した一巻。
『きれいな人』(2003年6月刊)は、『亡命者』『君の中の見知らぬ女』に続く大河小説3部作の最終作として、フランスを舞台にしたキリスト教的テーマで描かれた歴史小説で、第45回毎日芸術賞を受賞。
『巡礼地に立つ フランスにて』(2004年11月刊)は、『土地の力』の続編として書き下ろした「霊的著作」作品。
『墓の話』(2006年4月刊)は、「群像」に5回にわたった発表された「短期連作という型」の長編。
『過ぎ行く人たち』(2009年6月刊)は、1980年以後のフランス体験の集大成として、ブノワというフランス人の少年を18年間にわたって探し歩く物語で、執筆時、たか子は72歳、生前最後の著作である。
また、単行本未収録の短編として「假の家」「遠い水、近い水」「二つの、お話」「この世の底にいて」「終りの日」「あこがれ」「空(そら・くう)」の7編と、没後に発見された手書きの未発表作品「顔」「物の力。あるいは、独身者」「庭」「メモ。あるいは思い出のごとく」「あの頃」「レミニッサンス」「或る近くて遠い迷路」の7編も併録する。
解説と解題は、生前のたか子と交流のあった文芸評論家・山内由紀人氏が担当。
付録として、未発表短篇7編の生原稿(一部)等を収録。

※この作品は一部カラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

P+D BOOKS 別れる理由4 P+D BOOKS マカオ幻想 P+D BOOKS 桜島・狂い凧 P+D BOOKS オールドボーイ P+D BOOKS 但馬太郎治伝 P+D BOOKS 地を潤すもの P+D BOOKS 魔界水滸伝 1 栗本薫・中島梓傑作電子全集25 [SF IV] P+D BOOKS 私家版 聊齋志異 P+D BOOKS 象の白い脚 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第3巻 高橋和巳 小説2『悲の器』ほか P+D BOOKS 夜の三部作 P+D BOOKS 天の歌 〜小説 都はるみ〜 P+D BOOKS 魔界水滸伝 11 P+D BOOKS 青春放浪 P+D BOOKS どくとるマンボウ追想記

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/