ヘミングウェイのパリ・ガイド

ヘミングウェイのパリ・ガイド

著/今村楯夫

撮影/小野規

取材・文/明石和美

本体1350円 + 税

読む

内容紹介

文学と実用が融合した新タイプのパリガイド。

ヘミングウェイが愛したパリ。その足跡、匂いを、ゆかりの地にめぐるガイドブックです。ヘミングウェイ研究の第一人者・今村楯夫氏(東京女子大学名誉教授)の書き下ろしエッセイと、パリ在住の写真家・小野規氏の撮り下ろし写真で構成。また独自のパリ取材で実用的なガイドブックとしての機能を大幅にアップしています。見やすい地図でパリの散歩を楽しむ本です。もう少し内容に触れると、パリ時代のヘミングウェイを、テ-マ別に当時の写真とともに掘り下げ、ホテル・リッツとのエピソ-ドなどを紹介しています。加えて、モパルナス、カルチェ・ラタン、サンジェルマン・デ・プレ、セ-ヌなどの詳細な地図と写真を掲載。そして現在にヘミングウェイが生存していたらきっと行ったであろう、という場所を徹底取材しました。誰も知らないパリ、とっておきのポタリング・ガイドとしてちょっと知的なパリ散歩の本になりました。

この作品の容量は、42.2MB(校正データ時の数値)です。

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。
この作品にはカラーが含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

宮脇俊三 電子全集6 『シベリア鉄道9400キロ/椰子が笑う 汽車は行く』 京都深掘りさんぽ サイクリング・ブルース 宮脇俊三 電子全集19 『史記のつまみぐい/殺意の風景』 偽りの銃弾 マンチキンの夏〜SHORT〜 ウォールデン 森の生活 上 ゴーン・ガール 下 宮脇俊三 電子全集12 『終着駅は始発駅/汽車との散歩』 THE MATCH ハワイで聞いた 心にひびくアロハな話15 台北日帰り弾丸旅 食べまくり! 1年12回〜このルートで回れば、ムダなくムリなく大充実〜 アリとダンテ、宇宙の秘密を発見する ゴーン・ガール 上 最後の審判 嘘と聖域

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/