P+D BOOKS 小説 太宰治

P+D BOOKS 小説 太宰治

檀一雄

本体650円 + 税

読む

内容紹介

“天才”太宰と駆けぬけた著者の青春回想録。

作家・檀一雄は太宰治の自死を分析して、「彼の文芸の抽象的な完遂の為であると思った。文芸の壮図の成就である」と冒頭から述懐している。「太宰の完遂しなければならない文芸が、太宰の身を喰うたのである」とまで踏み込んでいる。
昭和八(1933)年に太宰治と出会ったときに「天才」と直感し、それを宣言までしてしまった作家・檀一雄。天才・太宰を描きながら、同時に自らをも徹底的に描いた狂躁的青春の回想録。作家同士ならではの視線で、太宰治という天才作家の本質を赤裸々に描いた珠玉の一編である。

同じジャンルの書籍から探す

白をつなぐ 宙ごはん 料理道具屋にようこそ 上流階級 富久丸百貨店外商部 III 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖95 白木村のなみ 東京帝大叡古教授 緑陰深きところ わが名はオズヌ 警視庁レッドリスト 王と后 (三) それは誰が罪 六条御息所 源氏がたり 下 夢幻∞シリーズ まなざしの街9 未来からきたもの 山口瞳 電子全集16 1972〜1973年『考える人たち』 小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記 羊の頭 恋する母たち

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/