宿命の戦記〜笹川陽平、ハンセン病制圧の記録〜

宿命の戦記〜笹川陽平、ハンセン病制圧の記録〜

高山文彦

本体1710円 + 税

読む

内容紹介

差別にまみれた感染症との果てしない戦い。

「右翼の大物」「日本のドン」と差別された笹川良一の三男として生まれ、晩年の彼を支えた笹川陽平(現・日本財団会長)のライフワークが、父の遺志を継いだハンセン病制圧活動だ。

彼は約40年にわたって、「業病」と恐れられてきたこの病気に戦いを挑んできた。世界各地のハンセン病患者の施設に自ら赴き、薬を届け、差別や偏見の撤廃を説く。「制圧」(有病率が1万人あたり1人未満)を達成するための施策を各国の元首と話し合い、実行に導く。こうした活動の継続によって、1980年代から現在までに1600万人を超える人々が治癒し、未制圧国はブラジルを残すのみとなった。

著者は約7年にわたって陽平の「戦い」に密着した。アフリカのジャングルから西太平洋の島国まで、ハンセン病患者や回復者たちが暮らす土地には、深い絶望と、かすかな希望が広がっていた。父の復讐を果たすかのように邁進する陽平の姿を、著者は「いま彼が実現しようとしているのは、ハンセン病差別の撤廃、人間としての権利・尊厳の獲得運動なのである。彼は暗黒の人類史に革命を起こそうとしている」と看破する。

日本人が知らない世界の現実、人間の真実を知るための一冊。

同じジャンルの書籍から探す

ダーリンの進化論 〜わが家の仁義ある戦い〜 仕事師たちの平成裏起業 逆説の日本史5 中世動乱編/源氏勝利の奇蹟の謎 ユージン・スミス 〜水俣に捧げた写真家の1100日〜 逆説の世界史1 古代エジプトと中華帝国の興廃 旅行鞄のガラクタ 竜宮城と七夕さま 特攻服少女と1825日 もうひとつの核なき世界 ポケットに物語を入れて 消された信仰 「最後のかくれキリシタン」−−長崎・生月島の人々 愛されて、勝つ 川崎フロンターレ「365日まちクラブ」の作り方 池上彰と学ぶ日本の総理 第1号 吉田茂 アメリカ大統領を操る黒幕 トランプ失脚の条件(小学館新書) 50万語を編む 〜「日国」松井栄一の記憶〜 漂流郵便局 届け先のわからない手紙、預かります

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/