バチカン大使日記(小学館新書)

バチカン大使日記(小学館新書)

中村芳夫

本体860円 + 税

読む

内容紹介

ビジネス界出身大使が見たカトリックの聖地。

「日本経済の司令塔」経団連に身を置くこと半世紀。土光敏夫ら歴代会長に仕え、生え抜きトップとして事務総長まで務めあげた筆者は突如、世界13億の信徒を束ねるカトリックの総本山に民間大使として赴くことになった。

経団連とバチカン、対極に立った筆者ならではの日常の “気づき”は、資本主義の限界から現代日本の課題まで多岐に及ぶ。地道な人脈作りに始まり、あれよという間に教皇訪日を実現、そしてコロナ禍のなか帰国するまでの1500日。

<土光さんは「過去を振り返るな」「足跡を見るな」と繰り返しおっしゃっていた。それは私にとって座右の銘ともいえる。しかし、本書では、はじめて禁を破って在任1500日間弱のバチカン大使時代を振り返ろうと思う>(まえがき)

(底本 2021年11月発行作品)

同じジャンルの書籍から探す

セックス・ヘルパーの尋常ならざる情熱(小学館101新書) 思春期の子に、本当に手を焼いたときの処方箋33(小学館新書) 車いすでも、車いすじゃなくても、僕は最高にかっこいい。 南極越冬隊タロジロの真実 文系人間のための「AI」論(小学館新書) いまどきの納骨堂 〜変わりゆく供養とお墓のカタチ〜 母の道をまっすぐに歩く 洞窟オジさん 大切なのは「つまずき 寄り道 回り道」〜小さな塾「フジゼミ」塾長と生徒たちの昨日、今日、明日〜 お金の整理学(小学館新書) クラシック リバイバル 日本名城紀行2 28人の幸せ離婚〜あなたに似た彼女〜 第五回 ほっこりおうちごはん 「どうぞ飯あがれ」 韓国「反日街道」をゆく〜自転車紀行1500キロ〜 話す写真ーー見えないものに向かってーー コロナとバカ(小学館新書)

次回配信の予定

2024 6/12 水曜日
  • 英語でDORAEMON 音声つき 3 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • ギャビーのドールハウスへようこそ!/NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社
  • もっと教えて!ドラえもん/藤子・F・不二雄、藤子プロ、朝日新聞社

2024 6/13 木曜日
  • バスケットボール男子日本代表の奇跡 HEROES ~Jbasket特別編集 応援MOOK~/学び編集室
  • P+D BOOKS 愛にはじまる/瀬戸内晴美
  • P+D BOOKS 断作戦/古山高麗雄
  • reShine 2024年夏号 ~いくつになってもエイジレスな私が主役~/NEWSポストセブン編集室
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/