「激動の世界をゆく」大越健介取材ノート

「激動の世界をゆく」大越健介取材ノート

大越健介

本体1170円 + 税

読む

内容紹介

徹底した現場主義で世界の潮流を読み解く。

1989年、ベルリンの壁が崩壊して以降、世界のあらゆる垣根を取り除こうとする「グローバリズム」の波が席巻した。しかし、今、垣根が取り除かれたはずの世界で新たな「壁」があちらこちらで築かれようとしている。その「壁の正体」とは何なのか? NHKのキャスター大越健介氏が徹底した現場主義を貫き、世界各地を巡りながら綴った取材ノートをもとに壁の正体に迫る一冊。
人気番組「激動の世界をゆく」(BS1)で訪れた中から「ジョンウンは道化師か」(北朝鮮)、「せりあがる国境」(メキシコ)、「疾走する民主主義」(台湾)、「ロシアをにらむ小国の矜持」(バルト三国)、「ポピュリズムの行方」(オランダ)、「終わらない欧州危機」(スペイン・ポーランド)、「寛容のイスラム」(インドネシア)、「もったいない国」(カザフスタン)、「魂に火をともす」(日本・五輪)の全9章で構成される。
小気味よくわかりやすい文章で綴られた。

同じジャンルの書籍から探す

弟は僕のヒーロー 池袋通り魔との往復書簡 PTA、やらなきゃダメですか?(小学館新書) アメリカ大統領を操る黒幕 トランプ失脚の条件(小学館新書) 逆説の世界史2 一神教のタブーと民族差別 安倍晋三 沈黙の仮面 その血脈と生い立ちの秘密 どん底 部落差別自作自演事件 世界史としての日本史(小学館新書) 合本版 逆説の日本史 近世・江戸編 メタルカラーの時代7 デジタル維新の一番走者 「サラリー」論。 覆す力(小学館新書) 習近平の「反日」作戦 中国「機密文書」に記された危険な野望 モデルルームをじっくり見る人ほど「欠陥マンション」をつかみやすい 笑顔のママと僕と息子の973日間〜シングルファーザーは今日も奮闘中〜 「少年A」被害者遺族の慟哭(小学館新書)

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  2. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ガウディ計画

    下町ロケット ガウディ計画

    池井戸潤
    本体720円+税

  4. 【ガガガ文庫】出会ってひと突きで絶頂除霊! 3

    【ガガガ文庫】出会ってひと突きで絶頂除霊! 3

    赤城大空(著)魔太郎(イラスト)
    本体611円+税

  5. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。 10

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。 10

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

次回配信の予定

2018 11/22 木曜日
  • 温まって、おいしい フォンダンウォーター/楊さちこ
  • いまどきの納骨堂 ~変わりゆく供養とお墓のカタチ~/井上理津子
  • 東京輪舞/月村了衛
  • 無事に返してほしければ/白河三兎
  • 料理のその手間、いりません ~台所の呪いを解く方法~/柳澤英子
  • 死神憑きの浮世堂 迷宮の戻り人/中村ふみ(著)雪リコ(イラスト)
  • 図書室の神様たち/櫻いいよ(著)とろっち(イラスト)
  • BANANA FISH #1/小笠原みく(著)吉田秋生(原作)瀬古浩司(脚本)Project BANANA FISH(監)
  • 夢探偵フロイト -てるてる坊主殺人事件-/内藤了(著)syo5(イラスト)
  • 山口瞳 電子全集26 1993~1995年『吉行さんのいない銀座なんて』/山口瞳