生きる〜俳句がうまれる時〜

生きる〜俳句がうまれる時〜

小林凜

本体990円 + 税

読む

内容紹介

不登校の時間を支えたもの。

著者の小林凜は現在高校2年生。

凜は、小・中学校時代、壮絶ないじめにあい、

学校にも守ってもらえず、ほとんどの時間を不登校で過ごした。

そんな中、9歳の時「朝日俳壇」に初投稿、長谷川櫂氏の10句に選ばれる。

その後も次々と入選を続け、

11歳で出版した『ランドセル俳人の五・七・五』は、ベストセラーとなる。

現在高校生として、はじめて学校生活を楽しむ日々を送っている凜は、

本書で、孤独と向き合った小中学生の日々、

家族に支えられ、動物たちに愛情を注いだ日々を描き出した。

凜の感性を磨いた日々は11編のエッセイと79句になった。

本書を読んで、子どもの不登校を見守る母親は

「家族がこういうふうに接してあげればよいのだと知りました」

という感想を寄せてくれた。

凜を見いだした俳人の長谷川櫂氏は、

巻末に「闘う人」というタイトルで寄稿し、こう評する。

「孤立無援のただなかで凜君は俳句に出会い、俳句を作りつづけてきた。

 これらの句は小さな動物、小さな植物を虐げるものへの

 抗議と抵抗であることを忘れてはならない」。

 子どもの心に寄り添うすべての人の心に響く1冊です。

同じジャンルの書籍から探す

水と森の聖地 伊勢神宮 読者ハ読ムナ(笑) 〜いかにして藤田和日郎の新人アシスタントが漫画家になったか〜 金子光晴 金花黒薔薇艸紙 幸田家のことば〜知る知らぬの種をまく〜 夜回り先生 逆説の日本史22 明治維新編/西南戦争と大久保暗殺の謎 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 沖縄論 下巻 岩魚が呼んだ −岩魚と加仁湯交遊録− 命をくれたキス 「車椅子の花嫁」愛と自立の16年 釣り六十年 会社員 自転車で世界を走る とまらない好奇心! 〜次の旅を夢見て〜 人たらしの極意(小学館101新書) そうはいかない 帰還せず -残留日本兵 六〇年目の証言- 中上健次 電子全集14『ジャズと演歌と都はるみ』 未完の贈り物 「娘には目も鼻もありません」

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2019 7/18 木曜日
  • ベストマン/リチャード・ペック(著)千葉茂樹(訳)

2019 7/19 金曜日
  • ありんこおみこし/にしはらみのり(作)
  • コロコロコミックのひみつ 公式ファンブック ~小学生のミカタ~/キクチ師範代(編)コロコロ公式ファンブック制作チーム(編)
  • 女医が教える、やってはいけない美容法33 ~実は老化を加速!~/慶田朋子
  • 小学館版 学習まんが人物館 平成の天皇/てしろぎたかし(まんが)祓川学(シナリオ)小田部雄次(監修)
  • ちゃおのひみつ 公式ファンブック ~小学生のミカタ~/ちゃお公式ファンクラブ制作チーム(編)
  • BE-PAL THE CATALOG 野外道具大図鑑 2019/20/BE-PAL編集部(編)
  • 被爆 ~ヒロシマ・ナガサキ いのちの証~/江成常夫
  • the座 昭和庶民伝三部作特別号 二つの憲法/こまつ座
  • the座特別号4 人びと劇場 雪やこんこん(1999)/こまつ座
  • 夢幻∞シリーズ ミスティックフロー・オンライン 第4話 さ迷う弾丸たち(4)/片理誠(作・絵)
  • 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖88 水琴(すいきん)/平谷美樹(著)本田淳(絵)
  • 整形メイク METHOD大公開/女性セブン編集部(編)
  • 福永武彦 電子全集12 『忘却の河』『幼年』、童話。/福永武彦