旅行鞄のガラクタ

旅行鞄のガラクタ

伊集院静

本体1530円 + 税

読む

内容紹介

旅から持ち帰った品々にまつわるエッセイ集。

伊集院静氏が旅先から持ち帰ってきた品々への思い出を綴ったエッセイ集。全日空グループの機内誌『翼の王国』誌上で連載されたスペイン、フランス、ポルトガル、スコットランド、アイルランド、ベルギー、イタリア、エジプト、ケニア、アメリカ、中国、日本など12カ国の34話を収録。さらに本書書き下ろしのまえがきでは、フィレンツェのヴェッキオ宮殿のミニチュアについての思い出を綴っています。「私は子供の時からガラクタを拾ってポケットの中に持ち帰り、並べて置く癖がありました。時折、石ころや木の実が旅行鞄の隅から出て来て、家人に驚かれていました。」(本文より)
○ジョアン・ミロのアトリエの庭のエンドウ豆(スペイン・モンロッチ)
○ヤンキースタジアムのレインコート(アメリカ・ニューヨーク)
○三峡下りの川原の三峡石(中国・重慶)
○歓喜の丘のマツカサ(スペイン・サンティアゴ・コンポステーラ)
○ナイロビの木工職人の椅子(アフリカ・ナイロビ)
○クロード・モネが見つめた崖の漁師の人形(フランス・エトルタ)etc

同じジャンルの書籍から探す

宮脇俊三 電子全集5 『台湾鉄路千公里/汽車旅は地球の果てへ』 宮脇俊三 電子全集2 『最長片道切符の旅/「最長片道切符の旅」取材ノート』 三浦光世 電子選集 太陽はいつも雲の上に 〜妻・三浦綾子と歩んだ40年〜 P+D BOOKS 父・山口瞳自身 〜息子が語る家族ヒストリー〜 人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか 〜女二人の手紙のやりとり〜 リモコンの電池を換えてて、ちょっとでもテレビに気を取られると、あれ?新しい電池どっちだっけってなるね。 秋篠宮 黒ひげ先生の世界探検 世界一のチョウをもとめて 色いろ花骨牌 この人たちを笑うな! 2015年放射能クライシス   春風亭一之輔 師いわく 山口瞳 電子全集17 1974〜1975年『礼儀作法入門』 遊ぶ奴ほどよくデキる! 綺麗になる古典美人道 サラリーマン転覆隊 ママチャリお遍路1200km

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/