僕らが愛した手塚治虫 2

僕らが愛した手塚治虫 2

二階堂黎人

本体1000円 + 税

読む

内容紹介

手塚漫画に心酔した作家の自伝的探書記続編!

 漫画の神様・手塚治虫の足跡を追ううちに長じてミステリ作家となった著者が、溢れ出る手塚への愛と造詣をつづった単行本の文庫化第2弾!
 編集魔として知られる手塚の描き替えの変遷、単行本化にあたりカットされたシーン、それらを“ムシの眼”で追うなかから、作品に秘められた著者の息づかいまでをクローズ・アップ。誰もが知っている名作郡の読み方が一変する、比類なき探究記。
 「この本は手塚治虫の評伝ではありますが、僕というマンガ・ファンの目を通した感想という形を取っています。つまり、僕の成長に合わせて手塚治虫の事蹟を語っていくという手法なのです」(本書前書きより)
 2巻目では、虫プロ誕生から「COM」創刊、劇画の台頭、青年劇画誌への進出とともに作風が激変する、1970年頃から数年間の疾風怒濤の時代を扱っている。

同じジャンルの書籍から探す

日本人の魂と新島八重(小学館101新書) 倫敦から来た近代スポーツの伝道師 お雇い外国人F.W.ストレンジの活躍(小学館101新書) 津波の夜に 3.11の記憶 女神の聖地 伊勢神宮(小学館新書) 漂流郵便局 届け先のわからない手紙、預かります 「少年A」被害者遺族の慟哭(小学館新書) レキタン! 3 卑弥呼と邪馬台国 小学館 学習まんがシリーズ 小栗上野介抹殺と消された「徳川近代」 〜幕臣官僚がデザインしたもう一つの維新〜 ドイツ人はなぜ「自己肯定感」が高いのか(小学館新書) 小学館版 学習まんが人物館 安藤百福 テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅 愛されて、勝つ 川崎フロンターレ「365日まちクラブ」の作り方 絶望裁判5 〜監禁・偽装・ストーカー〜 コロナと漫画 〜7人の漫画家が語るパンデミックと創作〜 池上彰と学ぶ日本の総理 第28号 近衛文麿 無知の死 〜これを理解すれば「善き死」につながる〜(小学館新書)

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/