ここ過ぎて 白秋と三人の妻

ここ過ぎて 白秋と三人の妻

瀬戸内寂聴

本体980円 + 税

読む

内容紹介

北原白秋をめぐる三人の妻を描いた長編小説。

国民的詩人・北原白秋が没して四年後の一九四六年暮れ、大分県香々地の座敷牢で一人の女性がひっそりと息を引き取った。歌人であり詩人であったその才女の名は江口章子。白秋の二番目の妻でもあった。詩集『邪宗門』をはじめ、数多くの詩歌を残し、膨大な数の童謡や校歌などの作詞も手掛ける一方で、姦通罪による逮捕など様々なスキャンダルにまみれた稀代の天才の陰には、俊子、章子、菊子という三人の妻の存在があった。丹念な取材を元に瀬戸内寂聴が一九八四年に発表した渾身の長編小説に最新書き下ろしの「あとがき」を収録。白秋の生涯を描いた2019年1月11日公開の映画『この道』の原点。

同じジャンルの書籍から探す

散歩屋漱石−漱石街歩き− 煩悩ディスタンス 逆説の日本史19 幕末年代史編2/井伊直弼と尊王攘夷の謎 コロナと漫画 〜7人の漫画家が語るパンデミックと創作〜 池上彰の世界の見方 中国・香港・台湾 ホス狂い 〜歌舞伎町ネバーランドで女たちは今日も踊る〜(小学館新書) 知ってはいけない薬のカラクリ(小学館新書) ラジオにもほどがある 脳が若返る最高の睡眠〜寝不足は認知症の最大リスク〜(小学館新書) 合本版 逆説の日本史 近世・江戸編 逆説の日本史17 江戸成熟編/アイヌ民族と幕府崩壊の謎 レキタン! 6 坂本龍馬と大政奉還 小学館 学習まんがシリーズ かまちの海 北朝鮮はどんなふうに崩壊するのか(小学館101新書) 池上彰の世界の見方 イギリスとEU〜揺れる連合王国〜 世界に一軒だけのパン屋

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/