チェアウォーカーという生き方 私は車椅子で歩く。昨日も、今日も、明日も(小学館101新書)

チェアウォーカーという生き方 私は車椅子で歩く。昨日も、今日も、明日も(小学館101新書)

松上京子

本体500円 + 税

読む

内容紹介

本当のバリアフリー社会ってどんな姿なんだろう?

「20代半ばに思いがけずチェアウォーカーとしての旅をはじめたが険しくて前に進めないと思っていたのは最初だけ。恐れずに少しずつ歩いていくと、道は平坦ではないにしろ、いや実際、起伏に富んではいたが、とても楽しいものだった」
「チェアウォーカーとしての旅は、小さきもの弱きものに優しさを向けることや、今、一瞬の大切さを知ること、まわりの人への感謝の気持ちなどを教えてくれた。足で大地を踏みしめなくても、どんな歩みであっても人生は、生きるに値するものだと教えてくれた」(本文より)
著者の松上京子さんは和歌山県田辺市のミカン農家の生まれ。26歳のときにおきたオートバイ事故で車椅子生活となるが、持ち前のがんばり精神でオレゴン大学留学、カナダ・ユーコン川のカヌー下りなどを実現。34歳で結婚してからは、11歳と8歳の2児の母親として奮闘の日々を送っている。月刊edu誌上で「さよちゃんのママの子育て日記-いってきますただいま!」を連載。講演で各地を飛びまわりながら、岡山理科大学講師もつとめる。
著書に『車椅子から青空が見える』、『さよちゃんのママは車椅子』ともに小学館刊がある。 

同じジャンルの書籍から探す

壁を壊した男 1993年の小沢一郎 おはなしドラえもんえほん ちかてつを つくっちゃえ メタルカラーの時代14 クールアースの創世記 逆説の日本史17 江戸成熟編/アイヌ民族と幕府崩壊の謎 中上健次 電子全集11『韓国・アジア篇』 令和日本・再生計画〜前内閣官房参与の救国の提言〜(小学館新書) 忍びの滋賀〜いつも京都の日陰で〜(小学館新書) 歴史を「本当に」動かした戦国武将(小学館101新書) 山口瞳 電子全集8『男性自身 VIII 1992〜1995年』 「気づき」の幸せ 日本はこうしてつくられた3 〜徳川家康 戦国争乱と王道政治〜 将棋を指す子が伸びる理由 逆説の世界史1 古代エジプトと中華帝国の興廃 アメリカなう。 こだわらない練習 「それ、どうでもいい」という過ごしかた 無知の死 〜これを理解すれば「善き死」につながる〜(小学館新書)

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/