甲子園と令和の怪物(小学館新書)

甲子園と令和の怪物(小学館新書)

柳川悠二

本体860円 + 税

読む

内容紹介

高校野球「エースと心中」する時代の終焉。

2022年4月10日、プロ入り3年目にして完全試合を達成したロッテ・佐々木朗希。高校時代から最速163キロを記録し、「令和の怪物」と呼ばれたが、「甲子園」の出場経験はない。

2019年夏の岩手大会決勝では、佐々木を擁する大船渡高校の監督・國保陽平が、「故障から守るため」に登板回避を選び、チームは大敗。当時、國保は佐々木を含む部員たちにも、決断の理由を説明していなかったが、3年弱の時を経て、著者の長時間にわたる取材に応じた。当時、32歳の青年監督はなぜ、衝撃の登板回避を決断できたのか。

当時の大船渡の部員、全国の強豪校への取材から、佐々木の登板回避をきっかけとするように、高校野球の常識が大きく変容したことが明らかになる。

江川卓(作新学院)や松坂大輔(横浜)、吉田輝星(金足農業)のように、ひとりで甲子園のマウンドを守り抜く怪物や、荒木大輔(早稲田実業)、桑田真澄(PL学園)のように、1年生から名門校のエースを張るスターは、令和の高校野球にはもう生まれないのではないか——。

2019年に刊行された『投げない怪物 佐々木朗希と高校野球の新時代』に多くの新証言を加え再構成して新書化。

同じジャンルの書籍から探す

キャンセルカルチャー 〜アメリカ、貶めあう社会〜 70歳のたしなみ 面白いほど宇宙がわかる15の言の葉(小学館101新書) 未完の贈り物 「娘には目も鼻もありません」 あんぽん 孫正義伝 戦中派闇市日記 歴史を「本当に」動かした戦国武将(小学館101新書) Mr.トルネード 藤田哲也 航空事故を激減させた気象学者 日本はこうしてつくられた2 〜鎌倉殿と北条一族 歴史は辺境から始まる〜 暮らしの新常識109 〜ウィズコロナ時代に後悔しない〜 逆説の日本史 別巻4 ニッポン戦乱史 女神の聖地 伊勢神宮(小学館新書) 急に「変われ」と言われても 〜「この先どうすれば?」が解決する、先駆者たちの言葉〜 もっと知りたい! 大谷翔平 〜SHO−TIME観戦ガイド〜(小学館新書) 評伝 渡辺省亭 晴柳の影に 〜増補改訂版〜 アマチュア・ベースボールオフィシャルガイド’22 グランドスラム59

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/