悩みどころと逃げどころ(小学館新書)

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)

著/ちきりん

著/梅原大吾

本体780円 + 税

読む

内容紹介

ちきりん、ウメハラ流「いい人生」の探し方。

月間200万ページビューの社会派ブロガーちきりん氏と、世界一のプロゲーマー梅原大吾氏の異色人生対談。「梅原さんは学校が嫌いで、授業中は寝てばかりいたという。それなのに私の周りにいる、一流大学を出た誰よりも考える力が凄い。いったいどこで学んだの? 学校の役割って何なんだろう……」。そんな、ちきりん氏の疑問から始まったこの対談は、「いい人生の探し方」にまで発展しました。
小さい頃からゲームという“人生で唯一無二のもの”に出あいながらも、「自分の進む道はこれでいいのか?」と悩み続けた梅原氏。一方、いわゆる“エリートコース”を自分から降りたちきりん氏は「頑張って、頑張って、それでもダメだったら、自分の居場所を探すために“逃げる”のも幸せをつかむ方法」と言う。立ち位置も考え方もまったく違う二人が、足かけ4年、100時間にもわたって語り合い、考え抜いた人生談義。学校で真面目に勉強してきたのに競争社会で行き詰まっている人、やりたいことが見つからなくて悩んでいる人必読! 今日から人生が変わります!

同じジャンルの書籍から探す

毎日をいきいきと生きる100のヒント オレとO・N 養子でわくわく家族 A Story of Blessed Adoption 属さない勇気〜まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」生き方改革〜 ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論第二部 愛国志士、決起ス 上巻 三浦綾子 電子全集 愛と信仰に生きる 定命を生きる 〜よく死ぬための禅作法〜 三浦綾子 電子全集 丘の上の邂逅 三浦綾子 電子全集 生かされてある日々 ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇 下巻 伊勢神宮の智恵 「正しい」とは何か? 武田教授の眠れない講義 忖度バカ(小学館新書) 稲盛和夫 「仕事は楽しく」 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 平成攘夷論 下巻 三浦綾子 電子全集 遺された言葉

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2022 1/26 水曜日
  • 朱より赤く~高岡智照尼の生涯~/窪美澄

2022 1/28 金曜日
  • サラバ 上・中・下巻 合本版/西加奈子
  • サラバ! 上/西加奈子
  • サラバ! 中/西加奈子
  • サラバ! 下/西加奈子
  • あおい/西加奈子
  • きいろいゾウ/西加奈子
  • こうふく みどりの/西加奈子
  • こうふく あかの/西加奈子
  • さくら/西加奈子
  • サムのこと 猿に会う/西加奈子
  • 読んで、旅する。旅だから出逢えた言葉 3/伊集院静
  • 小学館ジュニア文庫 小説 映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記/藤子・F・不二雄、福島直浩、清水東、大杉宜弘
  • 小学館ジュニア文庫 姫さまですよねっ!?~姫さまVS.暴君殿さまVS.忍者 大坂城は大さわぎ!~/ソウマチ、七海喜つゆり
  • 小学館ジュニア文庫 リアル鬼ごっこ セブンルールズ/江坂純、山田悠介
  • 官能文学電子選集 阿部牧郎『夜のオフィス』/阿部牧郎
  • 官能文学電子選集 岡江多紀『夜はシルクの肌ざわり』/岡江多紀
  • 官能文学電子選集 川上宗薫『肌色あつめ』/川上宗薫
  • 官能文学電子選集 団鬼六『新・修羅の花道』/団鬼六
  • 官能文学電子選集 睦月影郎『聖泉伝説』/睦月影郎
  • 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第6巻 高橋たか子 小説3『空の果てまで』ほか/高橋たか子