ヒトは「いじめ」をやめられない(小学館新書)

ヒトは「いじめ」をやめられない(小学館新書)

中野信子

本体780円 + 税

読む

内容紹介

「いじめ」を脳科学する。

「子どものいじめ撲滅」に向けて、大人たちが尽力している一方で、大人社会でも「パワハラ」「セクハラ」などの事件が後を絶ちません。しかし、「脳科学的に見て、いじめは本来人間に備わった“機能”による行為ゆえ、なくすことはできない」と、著者である脳科学者・中野信子氏は言います。ならば、いじめに対するアプローチ法を変えて、その回避策を考えていくことが、良好な人間関係を維持するためには得策です。本書では、子どもの仲間はずれやシカト、大人のパワハラ・セクハラなど、世代を問わない「いじめ」に関して、その回避策を脳科学の観点から説いていきます。

同じジャンルの書籍から探す

巻き込む力 すべての人の尊厳が守られる世界に向けて いまどきの納骨堂 〜変わりゆく供養とお墓のカタチ〜 本当は怖いソーシャルメディア 2015年「メディア融合時代」を考える(小学館101新書) 悪の指導者(リーダー)論(小学館新書) なぜ、いま小学校で外国語を学ぶのか かわいい妊婦の安産レシピ〜Ami's Recipe Book〜 「さみしさ」の研究(小学館新書) 信頼される先生への4分2秒〜自分の印象、大丈夫ですか?〜 侵略する豚 有名中学合格事典2017〜関西・中部 その他完全ガイド〜 欲望のメディア 黒幕 巨大企業とマスコミがすがった「裏社会の案内人」 「激動の世界をゆく」大越健介取材ノート 池上彰の世界の見方 東南アジア〜ASEANの国々〜 韓国「反日フェイク」の病理学(小学館新書) 「ヨコミネ式」子どもの才能の伸ばし方

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2019 10/15 火曜日
  • stella notes/伊藤奈穂実

2019 10/16 水曜日
  • 千葉の殺人/アッシュ・スミス
  • 投げない怪物 ~佐々木朗希と高校野球の新時代~/柳川悠二

2019 10/17 木曜日
  • 太陽はひとりぼっち/鈴木るりか

2019 10/18 金曜日
  • うちのネコ「やらかし図鑑」/上田惣子
  • 「国家の衰退」からいかに脱するか/大前研一
  • 福永武彦電子 全集13 『風のかたみ』、古典文学の継承。/福永武彦
  • 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖91 のざらし/平谷美樹、本田淳