財務省が日本を滅ぼす

財務省が日本を滅ぼす

三橋貴明

本体1260円 + 税

読む

内容紹介

このままでは中国の属国となってしまう!

「国の借金は1000兆円を超える。日本人1人あたり800万円以上の借金を背負っている計算になる。子や孫の世代にツケを残さないためにも消費増税は不可欠だ」ーー新聞やテレビでもさんざん流されるから、このようなロジックを耳にしたことはあるだろう。でも、全部デタラメだ。そもそも、バランスシートの負債の部だけを取りあげて1000兆円の借金とは会計上でも間違っている。 
政府資産は672兆円もあるし、そもそも負債の部にある「公債」「短期証券」のうち500兆円は政府の子会社である日本銀行の持ち分だ。連結決算すればチャラだし、そもそも現在、日銀の黒田東彦総裁は財務官時代に日本の格付けをボツアナ以下にした海外格付け会社に「日米などの先進国の自国通貨立て国債のデフォルトは考えられない」と抗議していたくらいだ。
 それなのに、国内に向けては「財政破綻論」をまき散らす。黒幕は財務省だ。国際機関(財務省OBの天下り先)を使って「増税せよ」と外圧をかけてくる。そして、緊縮財政を実行して、日本国を小国化させようとする。国益よりも省益が大事なのだ。このままでは「亡国」に至ること必至だ。

同じジャンルの書籍から探す

11通の手紙 国民投票の総て 増補 電子書籍版 ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論平成29年〜増補改訂版〜 下巻 100万人組織「日本大学」の解剖 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 平成攘夷論 下巻 将来何してる?キミの未来年表〜小学生のミカタ〜 仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン 復興の書店 サカナとヤクザ 〜暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う〜 マスターからの手紙〜超訳『老子道徳経』〜 クオリティ国家という戦略 これが日本の生きる道 虚報の構造 オオカミ少年の系譜 朝日ジャーナリズムに異議あり 運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語 平成史 ゴーマニズム宣言EXTRA パトリなきナショナリズム この国を出よ

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2019 7/18 木曜日
  • ベストマン/リチャード・ペック(著)千葉茂樹(訳)

2019 7/19 金曜日
  • ありんこおみこし/にしはらみのり(作)
  • コロコロコミックのひみつ 公式ファンブック ~小学生のミカタ~/キクチ師範代(編)コロコロ公式ファンブック制作チーム(編)
  • 女医が教える、やってはいけない美容法33 ~実は老化を加速!~/慶田朋子
  • 小学館版 学習まんが人物館 平成の天皇/てしろぎたかし(まんが)祓川学(シナリオ)小田部雄次(監修)
  • ちゃおのひみつ 公式ファンブック ~小学生のミカタ~/ちゃお公式ファンクラブ制作チーム(編)
  • BE-PAL THE CATALOG 野外道具大図鑑 2019/20/BE-PAL編集部(編)
  • 被爆 ~ヒロシマ・ナガサキ いのちの証~/江成常夫
  • the座 昭和庶民伝三部作特別号 二つの憲法/こまつ座
  • the座特別号4 人びと劇場 雪やこんこん(1999)/こまつ座
  • 夢幻∞シリーズ ミスティックフロー・オンライン 第4話 さ迷う弾丸たち(4)/片理誠(作・絵)
  • 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖88 水琴(すいきん)/平谷美樹(著)本田淳(絵)
  • 整形メイク METHOD大公開/女性セブン編集部(編)
  • 福永武彦 電子全集12 『忘却の河』『幼年』、童話。/福永武彦