日本人の魂と新島八重(小学館101新書)

日本人の魂と新島八重(小学館101新書)

櫻井よしこ

本体500円 + 税

読む

内容紹介

愛と義に生きた八重に学ぶ日本人のあり方

約150年前、戊辰戦争で会津藩は白虎隊はじめ多数の戦死者を出して敗れた。その時会津城に立てこもり、砲術を指揮し、7連発のスペンサー銃を取って戦った男まさりの女性がいた。敗戦後京に移り、アメリカ帰りの新島襄と結婚し、襄の同志社設立を支えた新島八重である。八重は男尊女卑の遺風が根強く残る明治の世の中で「ハンサムウーマン」として時代の魁となり、晩年は会津の仲間と篤志看護婦として日清、日露戦争時に活躍する。また女性茶道家として名を成す。
八重の真の強さ、先進性、献身、チャレンジ精神、そしていくら過酷な敗戦にもめげなかった会津の人々に共感する櫻井よしこ氏が、会津魂と八重の人生から今の日本人が学ぶべき事々に思いを致す。

同じジャンルの書籍から探す

三浦綾子 電子全集 夕あり朝あり だから日本は世界から尊敬される(小学館新書) 「トランプ信者」潜入一年 〜私の目の前で民主主義が死んだ〜 ペガサスの記憶 池上彰と学ぶ日本の総理 第22号 加藤友三郎/清浦奎吾/加藤高明 自民党の統一教会汚染2 山上徹也からの伝言 池上彰と学ぶ日本の総理 第12号 鈴木善幸/竹下登 池上彰のまんがでわかる現代史 東アジア これでいいのだ・・・さよならなのだ 唐牛伝〜敗者の戦後漂流〜 知ってはいけない薬のカラクリ(小学館新書) 草食系のための対米自立論(小学館新書) 電脳のサムライたち1 西和彦とその時代 小学館版 学習まんが人物館 ダーウィン 沈みゆくアメリカ覇権 〜止まらぬ格差拡大と分断がもたらす政治〜(小学館新書) 煩悩ディスタンス

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/