宮脇俊三 電子全集6 『シベリア鉄道9400キロ/椰子が笑う 汽車は行く』

宮脇俊三 電子全集6 『シベリア鉄道9400キロ/椰子が笑う 汽車は行く』

宮脇俊三

本体1000円 + 税

読む

内容紹介

念願のシベリア鉄道「ロシア号」に乗車した宮脇が、ついに究極の鉄道紀行を綴る。東南アジアでのほのぼのとした乗車記も収録!

1983年初刊の『シベリア鉄道9400キロ』は、著者が前年の春に担当編集者とナホトカからハバロフスクを経てモスクワへ至る汽車旅の記録である。当時はベルリンの壁が崩壊前で、ロシアでなくソビエト連邦だった。旅の中心は8531キロを6晩7日かけて「ロシア号」でシベリア鉄道を乗り通す部分だが、始発駅のハバロフスクに辿り着くまでの道中記も興味深い。走る車窓で注目したのは、線路脇のキロ程を表すキロポストだ。モスクワが近づくにつれ、その数を減らしていく様子が長い汽車旅の抑揚となっている。同行編集者をはじめ乗客や従業員たちの人間模様の描写も実に面白く、鉄道を中心としたひとつのコミュニティを垣間みせる作品だ。
『椰子が笑う 汽車は行く』は、1982年にフィリピン、マレー半島、台湾、インドネシアの鉄道を旅した乗車記である。なかでも「皆既日食ツアーは楽し——ジャワ島」は、鉄道にはとりあえず乗るものの文章のクライマックスは皆既日食の観測で、他の作品とは筆致がいささか異なる。タイトルは宮脇自身の案で、稿末の《長い棒の先に「笑」という字を乗っけると、椰子の木そっくりになる。》という一文が同書のイメージを表しているようだ。

付録:宮脇俊三アルバム、連載『最長片道切符の旅』自筆原稿 など2点

【ご注意】※この作品は図表が含まれるのと、付録の原稿が手書きのため、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

同じジャンルの書籍から探す

宮脇俊三 電子全集17 『徳川家康歴史紀行5000キロ/古代史紀行』 開高 健 電子全集11 新しい天体/最後の晩餐 宮脇俊三 電子全集21『鉄道に生きる人たち/ダイヤ改正の話』 開高 健 電子全集14 オーパ!/オーパ、オーパ!! おんなひとりの鉄道旅 西日本編 宮脇俊三 電子全集4 『旅の終りは個室寝台車/線路のない時刻表』 地球どこでも不思議旅 旅だから出逢えた言葉 悩むなら、旅に出よ。旅だから出逢えた言葉 Ⅱ 宮脇俊三 電子全集14 『増補版 時刻表昭和史/昭和八年澁谷驛/時刻表への感謝』 旅する清志郎。 島旅ひとりっぷ クラシック リバイバル 日本名城紀行3 宮脇俊三 電子全集19 『史記のつまみぐい/殺意の風景』 宮脇俊三 電子全集20 『時刻表ひとり旅/時刻表・駅・切符』 サイクリング・ブルース

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2019 1/25 金曜日
  • 人工知能~その到達点と未来~/中島秀之(著・編)丸山宏(著・編)浅田稔(著)麻生英樹(著)池上高志(著)橋田浩一(著)松尾豊(著)松原仁(著)
  • そして8日目に愛を謳った。/沖田円(著)爽々(イラスト)
  • 太陽と月の眠るところ 紫微国妖夜話/宮池貴巳(著)由羅カイリ(イラスト)
  • BANANA FISH #2/小笠原みく(著)吉田秋生(原作)瀬古浩司(脚本)Project BANANA FISH(監)
  • 合本版 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」全16巻/猪瀬直樹