山口瞳 電子全集6 『男性自身 VI 1984〜1987年』

山口瞳 電子全集6 『男性自身 VI 1984〜1987年』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

「男性自身」の中に掌篇小説『私本歳時記』『梔子の花』が躍動! 「男性自身」1034〜1235話までを完全収録。

収録作品は、「週刊新潮」1984年1月5日号の第1034話「冬木立」から、1987年12月24日・31日合併号の第1235話「忘年会」まで、連載掲載順に、単行本未収録1篇を含む202篇を完全収録。

週刊新潮「男性自身」の中で、掌篇小説を連載していく実験的な試みは、『私本歳時記』(1983年7月7日「巴里祭」から1984年6月28日「青田」)が全47編(うち前半21編は第5回巻に収録)、『梔子の花』(1986年1月23日「空っ風」から11月23日「秋時雨」)が全43編を数える。

また、1986年11月3日の誕生日に満60歳になった山口は、11月20日掲載の第1180話「還暦」から、本人の“絶筆宣言”により、また勝手に連載を中止できないという理由で、“日記体”となった「男性自身」が、1994年1月20日「大団円」(1535話)まで続くこととなる。

付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録、「草臥山房通信」(6)を寄稿。「庄助」名で、「男性自身」に度々登場した長男が、連載当時の山口家の様子や裏話、そして父への思いを綴る。

同じジャンルの書籍から探す

チーム!下 眠れる美女 小説王 P+D BOOKS どくとるマンボウ追想記 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖2 台所の龍 人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか 〜女二人の手紙のやりとり〜 ウォールデン 森の生活 下 中村吉右衛門 舞台に生きる 〜芸に命を懸けた名優〜 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第1巻 高橋和巳 小説1『邪宗門』ほか 陪審員C−2の情事 ダレン・シャン10 精霊の湖 9月9日9時9分 警視庁レッドリスト 2 しょったれ半蔵 蝦夷地別件 上 ニュースのあとがき

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/