色川武大・阿佐田哲也 電子全集3 色川流人生論の極意『うらおもて人生録』『私の旧約聖書』ほか

色川武大・阿佐田哲也 電子全集3 色川流人生論の極意『うらおもて人生録』『私の旧約聖書』ほか

著/色川武大

著/阿佐田哲也

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

色川武大名義のエッセイ集。独自の人生観や生き方が色濃く反映された作品で、色川武大ワールドを堪能できる。

色川武大名義のエッセイ集。彼の独自の人生観や生き方が色濃く反映された単行本『うらおもて人生録』、『私の旧約聖書』他70編の作品で色川武大ワールドを堪能できる。

『うらおもて人生録』は、1983〜1984年にかけて、毎日新聞日曜版に連載された著者唯一の全国紙連作作品。自らの生い立ちを「劣等生」と意識した人生観から、主に若者に語りかける著者の“優しいまなざし”に溢れたもので、とりわけ青春時代を賭場でしのいできた経験から生まれた「九勝六敗」の人生論は出色である。

『私の旧訳聖書』は、1984〜1986年にかけて雑誌「NEXT」に掲載され、『うらおもて人生録』と地続きな作品として「色川流人生論」の根底をなす。「旧約聖書」は色川の若き頃からの愛読書だったのだ。

その他、遺稿作品集『ばれてもともと』や絶筆となった「好色つれづれ日記」など15編、『戦争育ちの放埒病』から46編、単行本未収録エッセイとして「なぜ別れたのか」等9編も収録。

解説は、詩人で文芸評論家の荒川洋治氏。特別寄稿として、元中央公論社の編集者として色川武大を担当した、作家・村松友視氏が色川との交わりやその思い出を語る。付録として「うらおもて人生録」の生原稿、作家・小川国夫氏の追悼文などを収録する。

同じジャンルの書籍から探す

地球どこでも不思議旅 サイクリング・ブルース 貧格ニッポン新記録(小学館101新書) P+D BOOKS 小説葛飾北斎 上・下巻 合本版 面白い人のことばっかり! クラシック リバイバル 日本名城紀行4 夜回り先生と夜眠れない子どもたち 家族写真〜3.11原発事故と忘れられた津波〜 なかよし別居のすすめ 〜定年後をいきいきと過ごす新しい夫婦の暮らし方〜 介護はつらいよ P+D BOOKS 小説 葛飾北斎 上巻 P+D BOOKS 若い人 (上) 福永武彦 電子全集16  『夢のように』、随筆の家としてII。 P+D BOOKS 悲しみの港(上) P+D BOOKS 快楽 (下) そうはいかない

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2020 11/30 月曜日
  • やきものバイリンガルガイド~Japanese Pottery~/澤田美恵子

2020 12/1 火曜日
  • 専業禁止!! ~副業したら本業成果が上がる仕組み~/清水正樹
  • ナショナリズムを理解できないバカ ~日本は自立を放棄した~/適菜収

2020 12/2 水曜日
  • 小学館版 学習まんが人物館 渋沢栄一/香川まさひと、岩田やすてる

2020 12/3 木曜日
  • ダイエットの終焉。 ~デブで自尊心底辺だった私の人生を変えたボディメイク~/Sunny
  • ももちのクセが強すぎた。本 ~MOMOCHI STYLE BOOK~/牛江桃子
  • 儲かる副業図鑑 ~在宅勤務のスキマ時間に始める80のシゴト~/山田真哉、マッチョクリエイターズ

2020 12/4 金曜日
  • CIAO BOOKS すみっコぐらしのおかたづけ/サンエックス、水谷妙子
  • CupOfTherapy いっしょに越えよう ~フィンランドから届いた疲れたこころをときほぐす112のヒント~/マッティ・ピックヤムサ、アンッティ・エルヴァスティ、西本かおる
  • 中国と 茶碗と 日本と/彭丹