新装版 ぼくは戦争は大きらい 〜やなせたかしの平和への思い〜

新装版 ぼくは戦争は大きらい 〜やなせたかしの平和への思い〜

やなせたかし

本体810円 + 税

読む

内容紹介

【ご注意】※この電子書籍は紙の本のイメージで作成されており、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

アンパンマンの作者が体験した戦争。

2013年10月13日に94歳で亡くなった漫画家で『アンパンマン』等の絵本作家、詩人でもあるやなせたかしが自らの戦争体験を語った本。やなせは昭和15(1940)年の春に召集を受け、小倉の野戦銃砲部隊に入隊。召集期間満了直前の昭和16年12月8日の開戦により、召集延長に。その後、中国戦線に派遣され、上海郊外で終戦を迎えた。やなせは、自伝などの中で戦争のことを簡単には語っているが、戦争体験だけをまとめて語るのはこれが初めて。人殺しも団体生活も嫌だったというやなせにとって、軍隊はばかばかしいだけの世界。しかし、辛い中にも何か楽しみを見出してゆく持ち前の性格で、戦争と軍隊を内部から風刺していく。特攻に志願した弟との別れなど、辛く悲しい思い出にも持ち前のユーモアを交えながら語る笑いと涙の戦記になっている。嫌いな戦争のことはあまり語りたくないと考えていたやなせが、90歳を超え、戦争体験、軍隊体験を語り継ぐことで、過去の戦争のことが未来を生きる世代の記憶に少しでも残ればいい、と亡くなる直前まで語ったラストメッセージである。

同じジャンルの書籍から探す

2015年放射能クライシス   娘が東大に合格した本当の理由 高3の春、E判定から始める東大受験(小学館101新書) 20歳のソウル〜奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド〜 山口瞳 電子全集17 1974〜1975年『礼儀作法入門』 京都深掘りさんぽ バリウム検査は危ない 1000万人のリスクと600億円利権のカラクリ バブルの王様 大震災発生!公的支援がくるまでの200時間を生き延びる知識と知恵 ペコロスのいつか母ちゃんにありがとう〜介護げなげな話〜 あんぽん 孫正義伝 箱根富士屋ホテル物語 獲る 食べる 生きる 〜狩猟と先住民から学ぶ“いのち”の巡り〜 逆説の日本史10 戦国覇王編/天下布武と信長の謎 小悪魔流。〜小悪魔の手のうち、教えます〜 色川武大・阿佐田哲也 電子全集11 実験的ギャンブル小説『次郎長放浪記』ほか きらりうたこ

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/