猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第2巻 ペルソナ 三島由紀夫伝

猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第2巻 ペルソナ 三島由紀夫伝

猪瀬直樹

本体1000円 + 税

読む

内容紹介

作家の内なる「日本の近代」を掘り起こす卓見の三島論。

日本の文学史の書き直しを企図した「評伝三部作」のひとつ、『ペルソナ 三島由紀夫伝』(1995年11月文藝春秋刊行、99年11月文春文庫)を収録。

三島由紀夫を生んだ平岡家は、明治期から三代にわたる官僚の家系。大蔵省をわずか9か月で辞めて文壇に転身した三島の作品にも、一族に脈々と流れる官僚の血が顔を覗かせるとの観点から、衝撃的な割腹自殺までの道程を丹念に検証。作家の無意識層に横たわる「日本の近代」を掘り起こす。独自の着眼点が冴えわたる卓見の三島論。

巻末の「解題」には、吉本隆明氏との対話「三島由紀夫と戦後50年」(『週刊ポスト』1994年12月2日号初出)、岸田今日子氏との対話「25周年 最後の秘話」(『オール読物』1995年12月号初出)、三島由紀夫文学館初代館長を務めた佐伯彰一氏との対話「ペルソナの真実」(『諸君!』1999年12月号初出)を収録。また、三島自決から25年の機に猪瀬が発表した「三島が憎んだ価値相対主義」(『読売新聞』1995年11月22日初出)、「『戦後』を終わらせた作家とエコノミストの人生」(『文藝春秋』1995年12月号初出)の記事のほか、『決定版 三島由紀夫全集7』(2001年新潮社刊行)への寄稿文、雑誌・新聞に掲載された書評など多数収録。

同じジャンルの書籍から探す

明治人の姿(小学館101新書) 総理の影〜菅義偉の正体〜 世界が感動する日本の「当たり前」(小学館新書) 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 沖縄論 下巻 学習まんが 少年少女 人物日本の歴史 松尾芭蕉 「消せるボールペン」30年の開発物語(小学館新書) 佑樹 家族がつづった物語 犬から聞いた素敵な話〜涙あふれる14の物語 なかよし別居のすすめ 〜定年後をいきいきと過ごす新しい夫婦の暮らし方〜 和田秀樹、世界のマーチャンに会いに行く 朱より赤く〜高岡智照尼の生涯〜 全力疾走するバカになれ 〜明るく、楽しく生きたい人に贈る75の言葉〜 小学館版 学習まんが人物館 平成の天皇 うちの嫁は児童虐待サバイバー 〜彼女の生きてきた壮絶な16年間を見てほしい〜 老いて、若返る〜人生、90歳からが面白い〜 南の国のカンヤダ

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/