戦中派闇市日記

戦中派闇市日記

山田風太郎

本体730円 + 税

読む

内容紹介

医学生作家となった山田風太郎誕生の2年間

昭和22年~23年。25歳の青年は東京医学専門学校(現在の東京医科大学)で試験と実習に追われる傍ら、前年書き上げて探偵小説専門誌に投稿した『達磨峠の事件』が入選、人生の大きな転換期を迎えていた。
〈むずかしい。小説の苦しさを初めて知った(昭和22年3月30日)〉
〈新憲法施行の祝日だそうな――。冬に逆戻りしたような冷たい雨、風! ザマ見やがれッてんだ。推理小説「歯車」(仮題)構成す、『植物性神経外科』読(昭和22年5月3日)〉
〈朝、江戸川氏より明元旦午後より夜にかけ遊びに来ぬかとのハガキ来る。ひるごろ、ビヨウキエンキスルとの意の電報来る。この年末の忙しいのに乱歩さん、何をマゴマゴひとりで騒いでいるんじゃ(昭和22年12月31日)〉
探偵小説の重鎮・江戸川乱歩との交流、氏に宛てた手紙の草稿、食糧不足が続く占領下での日常、東京裁判の判決、殺到する小説執筆の依頼……青春の只中で、作家への道を歩み始めた日々と戦後日本を感性豊かに綴る。医学生・山田誠也から作家・山田風太郎へ――。混乱の渦中に記された、戦後最大の物語作家誕生の記録。『戦中派焼け跡日記』に続く、山田風太郎戦後日記シリーズ第2弾。

同じジャンルの書籍から探す

ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論第三部 明治日本を作った男達 下巻 フェイク 〜ウソ、ニセに惑わされる人たちへ〜(小学館新書) やくざ映画入門(小学館新書) 堕ちたバンカー 〜國重惇史の告白〜 池上彰の世界の見方 北欧 〜幸せな国々に迫るロシアの影〜 名字でわかる あなたのルーツ〜佐藤、鈴木、高橋、田中、渡辺のヒミツ〜 おしんの心 モヤ対談 メタルカラーの時代13 100年後に残すメガ仕事 なんとめでたいご臨終 異状死 〜日本人の5人に1人は、死んだら警察の世話になる〜(小学館新書) ひげの殿下日記 〜The Diary of the Bearded Prince〜 それでも運命にイエスという。  P+D BOOKS わが青春 わが放浪 中国・ロシアに侵される日本領土 こどもたちへ おとなたちへ 〜夜回り先生から29の生きるメッセージ〜

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/