猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第6巻 土地の神話

猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第6巻 土地の神話

猪瀬直樹

本体1000円 + 税

読む

内容紹介

東京の都市開発を東急グループ五島慶太を軸に検証した近代日本論。

『ミカドの肖像』の続編として書かれ、「ミカド三部作」の一環をなす『土地の神話』(1988年11月小学館刊行、1993年5月新潮文庫、2013年2月小学館文庫)を収録。

「電車通勤」というごく当たり前のライフスタイルの背景には、東京の都市開発をめぐる理想と挫折の物語があった。ロンドン近郊の田園都市をモデルにした街づくり構想に取って代わったのは、鉄道敷設の野望に満ちた一大不動産事業。関東大震災後、東京という特異な街がいかにして出来上がっていったかを、東急グループ創始者・五島慶太を軸に検証する。現代に暮らす日本人の自画像を描く、『ミカドの肖像』に続く出色の近代日本論。

本書には巻末に文庫にはない、会田雄次氏との対話「『土地の神話』をめぐって」(『週刊ポスト』1988年1月5日/10日合併号初出)や、船曳建夫氏との対話「天皇のディスコース」(『週刊読書人』2001年9月28日号初出)を収録。また、泉麻人氏による文庫版解説「五島慶太のシム・シティー」(新潮文庫版)のほか、吉岡忍氏の書評「田園調布はなぜ“田園都市”になれなかったか」(『週刊文春』1989年2月2日号初出)などを収める。

同じジャンルの書籍から探す

夜回り先生と夜眠れない子どもたち 東京都庁の深層(小学館新書) 池上彰と学ぶ日本の総理 第13号 平成の宰相(宇野宗佑〜安倍晋三) わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ! 電脳のサムライたち1 西和彦とその時代1 逆説の世界史1 古代エジプトと中華帝国の興廃 唐牛伝〜敗者の戦後漂流〜 ワンダーキッズペディア25 社会のしくみ2 〜産業を知ろう〜 被爆 〜ヒロシマ・ナガサキ いのちの証〜 もうひとつの核なき世界 問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい パーソナル・ファイナンス メタルカラーの時代1 メール内「男心」連絡網 僕らが愛した手塚治虫 2 偉人たちの死亡診断書 洞窟オジさん

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2019 10/15 火曜日
  • stella notes/伊藤奈穂実

2019 10/16 水曜日
  • 千葉の殺人/アッシュ・スミス
  • 投げない怪物 ~佐々木朗希と高校野球の新時代~/柳川悠二

2019 10/17 木曜日
  • 太陽はひとりぼっち/鈴木るりか

2019 10/18 金曜日
  • うちのネコ「やらかし図鑑」/上田惣子
  • 「国家の衰退」からいかに脱するか/大前研一
  • 福永武彦電子 全集13 『風のかたみ』、古典文学の継承。/福永武彦
  • 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖91 のざらし/平谷美樹、本田淳