中国崩壊後の世界(小学館新書)

中国崩壊後の世界(小学館新書)

三橋貴明

本体780円 + 税

読む

内容紹介

決死の中国現地取材を敢行!

 北京から飛行機で1時間。内モンゴル自治区のオルドスはかつては石炭で栄え、2010年には一人あたりGDPが中国全土で首位に立ったこともある。インフラを整備し、高級マンションやホテルが相次いで作られた。ところが今はどうか・・・・・・。2012年に石炭価格が暴落し、習近平の「大気汚染対策」が追い打ちをかけ、石炭産業は壊滅状態となってしまった。その結果、オルドスからは人が消え、豪華な建物が颯爽と建ち並ぶのに、車や人が全然いないという不気味なゴーストタウン(鬼城)となり果ててしまった。
 中国の不動産バブルの崩壊はすでに知られていることだが、次の株式バブルは政府主導によるものだった。不動産バブルに代わるものとして株式バブルは登場したのだ。そんなバブルが弾けるのは当たり前だ。敏腕ファンドマネージャーはもとより、個人投資家たちが相次いで自殺するなどとんでもない事態に陥っている。ところが、中国政府には打つ手がない。
 中国経済の崩壊・・・それは全世界にどういう影響を与えるのか。そして、どういう結論を迎えるのか。日本はどう対処していけば、この難局を乗り越えられるのか。気鋭の経済評論家が見事に読み解く!

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

同じジャンルの書籍から探す

新型コロナVS中国14億人(小学館新書) 池上彰と学ぶ日本の総理 第28号 近衛文麿 池上彰のまんがでわかる現代史 東アジア トラオ 徳田虎雄 不随の病院王 パール博士「平和の宣言」 韓国人の癇癪 日本人の微笑み 現代中国「国盗り物語」 かくして「反日」は続く(小学館101新書) 池上彰と学ぶ日本の総理 合本版 下巻 金正恩の機密ファイル(小学館新書) 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第13巻 道路の権力 韓国人、韓国を叱る〜日韓歴史問題の新証言者たち〜(小学館新書) 時間の日本史 〜日本人はいかに「時」を創ってきたのか〜 教育格差の真実 どこへ行くニッポン社会(小学館101新書) 官僚たちの冬 〜霞が関復活の処方箋〜(小学館新書) ドラえもん社会ワールド 日本と国際社会 中国・ロシアに侵される日本領土

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/