EVショック 〜ガラパゴス化する自動車王国ニッポン〜(小学館新書)

EVショック 〜ガラパゴス化する自動車王国ニッポン〜(小学館新書)

高橋優

本体900円 + 税

読む

内容紹介

これがEV後進国ニッポンのヤバイ現実!

世界では今、ガソリン車から完全電気自動車への移行
「EVシフト」が爆速で進行している。

米国ではEV最大手テスラ社のセダン、モデル3の販売台数が
ドイツ車御三家のライバル車を抜き去りトップに。

EV普及率は、EUでは15%、中国では22%、ノルウェーでは80%にものぼる。

中国では続々と新規参入のEVスタートアップが誕生し
個性的なEVを発売、2023年にはついに日本に上陸する。

一方、2010年に日産が世界初のEV車リーフを発売し、
チャデモという充電インフラを構築するなど、世界をリードしていた
日本のEV普及率は、現在わずか1%。

EVシフトは車単体の製造だけではなく、バッテリーの製造・性能、
充電インフラの構築もふくめての「EVシフト」なのだが、
残念ながら日本は現在、そのどれもが世界から大きく取り残されている。

本書では、巻き返しを図る日本の課題と世界の現状を
EVユーザー目線にたちながらわかりやすく解説!

2023年、著者オススメの最新EV購入ガイドも紹介する。
(底本 2023年2月発売作品)

同じジャンルの書籍から探す

大切なのは「つまずき 寄り道 回り道」〜小さな塾「フジゼミ」塾長と生徒たちの昨日、今日、明日〜 前田義子の勇気リンリン!強運生活 安楽死を遂げた日本人 尾崎豊 覚え書き 世界が感動する日本の「当たり前」(小学館新書) 前田義子の迷わない強運哲学 白土三平 カムイ伝の真実 吾輩は認知症ねこである 神のデザイン哲学 GOoD DESIGN ルポ 百田尚樹現象 〜愛国ポピュリズムの現在地〜 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第10巻 天皇の影法師 スターリンの正体 〜ヒトラーより残虐な男〜(小学館新書) 小学館ジュニア文庫 ルイ・ブライユ 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者 娘が東大に合格した本当の理由 高3の春、E判定から始める東大受験(小学館101新書) 小学館ジュニア文庫 女優猫あなご 中国に立ち向かう覚悟 日本の未来を拓く地政学

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/