森の声、ゴリラの目 〜人類の本質を未来へつなぐ〜(小学館新書)

森の声、ゴリラの目 〜人類の本質を未来へつなぐ〜(小学館新書)

山極寿一

本体920円 + 税

読む

内容紹介

ホモ・サピエンスは進化を間違えたか?

霊長類学者でゴリラ研究の第一人者である著者が、長年のフィールドワークでゴリラと向き合う中から紡ぎ出した文明論、人類論が凝縮された1冊になります。
世界中で大きな被害を出している異常気象。地球が悲鳴を上げているとしか考えられないが、その原因は現代人が作り出した文明や科学にある。そんな危機感を、ホモ・サピエンスと最も近いゴリラの生き様、ゴリラの目を通して分析。人類と自然の付き合い方、人類と文明、人類と戦争など、さまざまな切り口から、文明を変える力への期待、希望について語る。

(底本 2024年2月発売作品)

同じジャンルの書籍から探す

デリヘルはなぜ儲かるのか 中村憲剛の「こころ」の話 〜今日より明日を生きやすくする処方箋〜 カルピスをつくった男 三島海雲 28人の幸せ離婚〜あなたに似た彼女〜 第九回 「嫌いっ!」の運用(小学館新書) 幻のオリンピック〜戦争とアスリートの知られざる闘い〜 池上彰の世界の見方 イギリスとEU〜揺れる連合王国〜 すべての婚活やってみました(小学館101新書) 蒼い空へ  〜夫・西城秀樹との18年〜 がんの花道 患者の「平穏生」を支える家族の力 兵士に告ぐ 学問からの手紙〜時代に流されない思考〜 元検事が明かす「口の割らせ方」(小学館新書) スクリーンが待っている 国家と犯罪 罪を償うということ 〜自ら獄死を選んだ無期懲役囚の覚悟〜(小学館新書)

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/