森の声、ゴリラの目 〜人類の本質を未来へつなぐ〜(小学館新書)

森の声、ゴリラの目 〜人類の本質を未来へつなぐ〜(小学館新書)

山極寿一

本体920円 + 税

読む

内容紹介

ホモ・サピエンスは進化を間違えたか?

霊長類学者でゴリラ研究の第一人者である著者が、長年のフィールドワークでゴリラと向き合う中から紡ぎ出した文明論、人類論が凝縮された1冊になります。
世界中で大きな被害を出している異常気象。地球が悲鳴を上げているとしか考えられないが、その原因は現代人が作り出した文明や科学にある。そんな危機感を、ホモ・サピエンスと最も近いゴリラの生き様、ゴリラの目を通して分析。人類と自然の付き合い方、人類と文明、人類と戦争など、さまざまな切り口から、文明を変える力への期待、希望について語る。

(底本 2024年2月発売作品)

同じジャンルの書籍から探す

パイプのけむり選集 話 ガメラ監督日記 完全版 いっしょにいるよ—子どもと裁判に出た犬 フランとハッシュの物語 復興ごはん 狼の牙を折れ〜史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部〜 桐谷さんの株主優待ライフ 絶望の超高齢社会〜介護業界の生き地獄〜(小学館新書) 深海生物 捕った、育てた、判った! “世界唯一の深海水族館”館長が初めて明かす(小学館101ビジュアル新書) オウム裁判傍笑記 わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ! 宇宙を生きる〜世界を把握しようともがく営み〜 小学館ジュニア文庫 ルイ・ブライユ 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者 復興から自立への「ものづくり」 〜福島のおかあさんが作ったくまのぬいぐるみはなぜパリで絶賛されたのか〜 特別活動でみんなと創る 楽しい学校 「音楽狂」の国 将軍様とそのミュージシャンたち 【電子版限定特典付】 少年の名はジルベール

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/