宮脇俊三 電子全集2 『最長片道切符の旅/「最長片道切符の旅」取材ノート』

宮脇俊三 電子全集2 『最長片道切符の旅/「最長片道切符の旅」取材ノート』

宮脇俊三

本体1000円 + 税

読む

内容紹介

作家転身後第二作目、『最長片道切符の旅』とその取材記録をそのまま書籍化した『「最長片道切符の旅」取材ノート』を収録。

第一作の『時刻表2万キロ』はことのほか人気を博し、一般書としての鉄道紀行も徐々に認知されていくなかで、本書は鉄道に乗る趣味の真骨頂を紀行文学に昇華させた傑作である。当時の国鉄の路線において、同じ駅を二度通ることなく最長のひと筆書き切符を作る過程から、その最長片道切符を使って実際に費やした34日間にわたる鉄道旅行の記録を宮脇ならではの文体で綴られている。
最長片道切符の旅は、当時の国鉄全線の約63パーセントに当たる営業キロを乗車船するもので、北海道の広尾駅から鹿児島の枕崎駅まで最短経路なら2,764.2キロでたどり着ける距離を、行きつ戻りつしながら4.8倍にもあたる13,319.4キロという途方もない汽車旅の記録として興味深い。その有り様を「阿呆らしさ極まって襟を正させるような趣さえある」と旅を始める前の述懐として著されている。
『「最長片道切符の旅」取材ノート』は、最長片道切符を乗り通した際に取材ノートとして書き込んだ記事をそのまま活字にしたもので、11冊分の取材ノートのボリュームは本編を盛り上げる素材として読み応えがある。

付録:宮脇俊三アルバム、連載『最長片道切符の旅』自筆原稿 など2点

【ご注意】※この作品は図表が含まれるのと、付録の原稿が手書きのため、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

同じジャンルの書籍から探す

いきなりパリジェンヌ 2泊3日でも楽しめる、おいし~いパリの生活情報 新幹線をつくった男 島秀雄物語 宮脇俊三 電子全集9 『豪華列車はケープタウン行/スイス鉄道ものがたり/シベリア鉄道ものがたり/青函連絡船ものがたり/御殿場線ものがたり』 クラシック リバイバル 日本名城紀行6 おんなひとりの鉄道旅 東日本編 「イタリア郷土料理」美味紀行 宮脇俊三 電子全集16 『乗る旅・読む旅/鉄道旅行のたのしみ/終着駅』 宮脇俊三 電子全集14 『増補版 時刻表昭和史/昭和八年澁谷驛/時刻表への感謝』 ほろ酔い鉄子の世界鉄道~乗っ旅、食べ旅~ 1【アメリカ編】 クラシック リバイバル 日本名城紀行3 宮脇俊三 電子全集11『日本探見二泊三日/夢の山岳鉄道』 裏が、幸せ。 サイクリング・ブルース ヤットコスットコ女旅 宮脇俊三 電子全集20 『時刻表ひとり旅/時刻表・駅・切符』 宮脇俊三 電子全集3 『時刻表おくのほそ道/終着駅へ行ってきます』

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2019 12/9 月曜日
  • 忠臣蔵の姫 阿久利/佐々木裕一

2019 12/12 木曜日
  • P+D BOOKS サムライの末裔/芹沢光治良
  • P+D BOOKS 別れる理由6/小島信夫

2019 12/13 金曜日
  • おにぎり もって/久住昌之、久住卓也
  • 最高の走り方 ~超効率的「ベストな1歩」が記録を伸ばす!~/弘山勉
  • ニッポンお宝食材 ~風土がつくり、人が育てる郷土のお取り寄せ帖~/向笠千恵子
  • ペロずきんちゃん どうぶつえんそく/山本まもる、もりやしげやす
  • まんがでわかる ECビジネス/仲山進也、高田千種
  • みんなの太陽の塔/タナカカツキ、平野暁臣