開高 健 電子全集16 生物としての静物/食卓は笑う

開高 健 電子全集16 生物としての静物/食卓は笑う

開高健

本体1000円 + 税

読む

内容紹介

小説家の愛用品をテーマにして書いたエッセイ、『生物としての静物』と食卓や酒席で用いる男の小道具としてのジョークをテーマにしたエッセイ、『食卓は笑う』、『知的経験のすすめ 何んでも逆説にして考えよ』の3編を収録。

「生物としての静物」は、ジッポーライター、パイプ、ナイフ、ジーンズ、ベルト、万年筆、バッグ、釣具等々、小説家が愛用した品々をテーマにしています。
亜熱帯の戦場や、荒涼たる原野で、様々な場所を旅しながら、創造の起爆剤となってきた小物たちの美学が語られています。
開高健自身の言葉を借りるならば、「死物を生物(いきもの)に変えることにふけってきた日々の回想」です。

『食卓は笑う』は、サントリーの広告として毎日新聞に毎月1回、1年にわたって連載したものを加筆、修正してまとめた作品です。
テーブルを盛り上げるために開高健秘蔵のジョークを、マイルドから超辛口まで、特選銘柄をそろえたジョーク・ア・ラ・カルト。
開高健自身の言葉を借りるならば、「こうして私は、釣りも小話もみんな原稿にかえてしまい、趣味が実事になってしまう堕落に体をゆだねたわけである。今後二度とこういうことはいたしませぬ」と反省の弁を述べています。

【収録数】3本 付録:開高健ゆかりの編集者による回顧談など5点

同じジャンルの書籍から探す

クジラの玉手箱〜生きてるクジラを楽しもう! 女の道は一本道 人生がクソゲーだと思ったら読む本 〜生きづらい世の中の突破術〜 おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊 なんとめでたいご臨終 中上健次 電子全集13『紀州熊野サーガ5 虚構空間の更新と移動』 三浦光世 電子選集 太陽はいつも雲の上に 〜妻・三浦綾子と歩んだ40年〜 色川武大・阿佐田哲也 電子全集12 色川流“食美学”『三博四食五眠』ほか 幸田家のことば〜知る知らぬの種をまく〜 三浦綾子 電子全集 明日のあなたへ―愛するとは許すこと おとなになるのび太たちへ 〜人生を変える『ドラえもん』セレクション〜 乙女オバさん ある日、戦争がはじまった 12歳のウクライナ人少女イエバの日記 読書進化論 人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか(小学館101新書) 宮尾登美子 電子全集17『平家物語の女たち/義経/影絵/菊籬/舞い扇』 築地魚河岸嫁ヨメ日記

次回配信の予定

2024 2/26 月曜日
  • 週刊ポストGOLD 新NISAで儲ける 決定版
  • 「熟議」で日本の教育を変える ~現役文部科学副大臣の学校改革私論~/鈴木寛

2024 2/27 火曜日
  • 小学館版 学習まんが人物館 伊能忠敬/柴崎侑弘、星埜由尚
  • 小学館版 学習まんが人物館 土方歳三と新選組/星野泰視、落合弘樹
  • 小学館版 学習まんが人物館 藤原道長/田中顕、大野智史、倉本一宏

2024 2/28 水曜日
  • 君を守ろうとする猫の話/夏川草介
  • ドラえもん学びワールド おもしろいぞ!天体観測/藤子・F・不二雄、藤子プロ、懸秀彦
  • ドラえもん学びワールド 音楽をはじめよう/藤子・F・不二雄、藤子プロ、久保田慶一
  • ドラえもん学びワールドスペシャル はじめての料理/藤子・F・不二雄、藤子プロ、上田淳子
  • 1フランの月/安西水丸

2024 2/29 木曜日
  • トキワ荘の遺伝子 -北見けんいちが語る巨匠たちの横顔-/北見けんいち、小田豊二、鈴木総一郎、長崎尚志
  • リモコンの電池を換えてて、ちょっとでもテレビに気を取られると、あれ?新しい電池どっちだっけってなるね。/つぶやきシロー
  • 「烈女」の一生/はらだ有彩
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/