開高 健 電子全集16 生物としての静物/食卓は笑う

開高 健 電子全集16 生物としての静物/食卓は笑う

開高健

本体1000円 + 税

読む

内容紹介

小説家の愛用品をテーマにして書いたエッセイ、『生物としての静物』と食卓や酒席で用いる男の小道具としてのジョークをテーマにしたエッセイ、『食卓は笑う』、『知的経験のすすめ 何んでも逆説にして考えよ』の3編を収録。

「生物としての静物」は、ジッポーライター、パイプ、ナイフ、ジーンズ、ベルト、万年筆、バッグ、釣具等々、小説家が愛用した品々をテーマにしています。
亜熱帯の戦場や、荒涼たる原野で、様々な場所を旅しながら、創造の起爆剤となってきた小物たちの美学が語られています。
開高健自身の言葉を借りるならば、「死物を生物(いきもの)に変えることにふけってきた日々の回想」です。

『食卓は笑う』は、サントリーの広告として毎日新聞に毎月1回、1年にわたって連載したものを加筆、修正してまとめた作品です。
テーブルを盛り上げるために開高健秘蔵のジョークを、マイルドから超辛口まで、特選銘柄をそろえたジョーク・ア・ラ・カルト。
開高健自身の言葉を借りるならば、「こうして私は、釣りも小話もみんな原稿にかえてしまい、趣味が実事になってしまう堕落に体をゆだねたわけである。今後二度とこういうことはいたしませぬ」と反省の弁を述べています。

【収録数】3本 付録:開高健ゆかりの編集者による回顧談など5点

同じジャンルの書籍から探す

北京五輪フェンシング銀メダリスト 太田雄貴 騎士道 ジョージカックルのWELL WELL WELL〜スローでメローな人生論〜 三浦光世 電子選集 夕映えの旅人 〜妻・三浦綾子と歩んだ40年〜 これでいいのだ・・・さよならなのだ 生まれてくれてありがとう〜目と鼻のない娘は14才になりました〜 三浦綾子 電子全集 言葉の花束―愛といのちの792章 2015年放射能クライシス   三浦光世 電子選集 綾子へ 〜妻・三浦綾子と歩んだ40年〜 つかふ 〜使用論ノート〜 山口瞳 電子全集8『男性自身 VIII 1992〜1995年』 ひまわりは枯れてこそ実を結ぶ 太田和彦の居酒屋歳時記 下 私塾・坂本竜馬 山口瞳 電子全集1 『男性自身Ⅰ 1963〜1967年』 養老孟司の旅する脳 山口瞳 電子全集16 1972〜1973年『考える人たち』

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/