家族上手に生きる

家族上手に生きる

高橋英樹

本体700円 + 税

読む

内容紹介

“家庭人”高橋英樹の魅力満載の初エッセイ



 俳優の高橋英樹氏は、「桃太郎侍」をはじめとする時代劇で有名だが、最近では、バラエティ番組にも出演し、新たな魅力を発揮している。常に好感度タレントの上位にランクされている彼が今年、還暦を迎え、愛娘もフジテレビのアナウンサーとして社会への一歩を踏み出すという人生の転機を迎えて、初めて書き下ろしたエッセイが本書である。本書のテーマは、ずばり「家族」。著者は知る人ぞ知る愛妻家であり、「趣味は家族」と公言している。本書では、自らの半生を振り返りつつ、著者の妻、娘、そして両親への想いを素直に綴っている。また、石原裕次郎、吉永小百合など俳優同士の交遊録も読みどころのひとつとなっている。“家庭人”高橋英樹の素顔に触れるエッセイと言えよう。

同じジャンルの書籍から探す

ヨーロッパ 美食旅行 三浦綾子 電子全集 ナナカマドの街から P+D BOOKS どくとるマンボウ追想記 吾輩は認知症ねこである 徳川家に伝わる 徳川四百年の裏養生訓 至高の靴職人 関信義-手業とその継承に人生を捧げた男がいた シン・談志が死んだ 立川流はどこへ行く 介護はつらいよ 万事正解 車椅子から青空がみえる―歩けなくたって、恋もカヌーも、めいっぱい楽しむのが私の生き方 三浦綾子 電子全集 なくてならぬもの―愛すること生きること 老化恐怖症(小学館新書) 見えないボクと盲導犬アンジーの 目もあてられない日々 中上健次 電子全集4 『エッセイ集 1960年代〜70年代』 雑学の威力(小学館新書) 太平洋戦争 最後の証言 第三部 大和沈没編

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/