最後の海賊 楽天・三木谷浩史はなぜ嫌われるのか

最後の海賊 楽天・三木谷浩史はなぜ嫌われるのか

大西康之

本体1620円 + 税

読む

内容紹介

楽天・三木谷浩史、絶体絶命!?

【三木谷浩史、絶体絶命!? それでもなぜ楽天は、東大生就職先「3年連続第1位」なのか?】

楽天・三木谷浩史は「価格破壊」を旗印に、3メガが占有する携帯事業に斬り込んだが大苦戦。メディアは「経営難」と書き立て、世間の目は厳しい。一方で、楽天モバイルの「完全仮想化技術」は2年連続で「グローバル・モバイル賞」を受賞し、新卒採用では東大生の就職先の3年連続第1位だ。日本のレガシィメディアと、海外の目と若者たち……一体、どちらの評価が正しいのか?

『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男』の著者・大西康之氏が次の素材として三木谷を取り上げたのは、その真相に迫るためだ。

「タンカー『日章丸』を仕立てて英国海軍の海上封鎖を突破、イランから石油を持ち帰った出光佐三。政府の反対を押し切り四輪車に参入した本田宗一郎。戦後の日本には、新たな事業に社運をかける命知らずの『海賊』がいた。だが、創業世代が去った後、日本の会社は退屈な場所になってしまった。三木谷は楽天市場で大成功を収めた後も、次から次へと危険な挑戦を繰り返す。現役でこれほど無謀な日本の経営者を筆者は他に知らない」(大西康之)

(底本 2023年8月発売作品)

同じジャンルの書籍から探す

ゆめいらんかね やしきたかじん伝 学習まんが 少年少女 人物日本の歴史 紫式部 一日の苦労は、その日だけで十分です 杉原千畝 相場師一代 三浦綾子 電子全集 われ弱ければ-矢嶋楫子伝 まんがでわかる 楽天と起業家三木谷浩史 知ってはいけない薬のカラクリ(小学館新書) 前田義子の強運に生きるワザ フィッシュマンズ全書 FISHMANS Chronicle(1988-) 小学館版 学習まんが人物館 マリー・アントワネット 「お金」と「時間」で考える副業の始め方 安倍晋三 沈黙の仮面 その血脈と生い立ちの秘密 日本が世界で勝つためのシンID戦略 バカは最強の法則〜まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方〜 デザイン思考2.0 〜人生と仕事を変える「発想術」〜(小学館新書)

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/