世界中で迷子になって

世界中で迷子になって

角田光代

本体610円 + 税

読む

内容紹介

旅&日常を愛する角田エッセイ待望の電子化。

●アジアは水で、ヨーロッパは石なのだ●旅の疲れは移動の疲れと言うよりも、野生の本能を始終使っている疲れなんだろう●7月のあたまにセールなんてするなら、金輪際、5月6月に夏物なんて買わないからな!●じつは若いときからずっとサザエの母、磯野フネに憧れていた。●毎日仕事中、ほとんど負け戦ながらチョコ衝動と闘い続けている。・・・・いずれも本文より。
「旅」と「モノ」について、作者ならではの視点、本音が満載の1冊。読み進めていくと「どうして私の気持ちがここにあるんだろう」とびっくりするほど共感するとともに、新鮮な奥深い視点をそこかしこに感じます。そして読後は、心がほっこり癒されます。
--年齢とともに変えざるを得なくなるものが多くある。変えたくなくても変わってしまうこともあるし、進んで自分から変えることもある。そうした変化を私がもっともおそれていたのは、旅においてである。・・・・・から始まる文庫書き下ろしエッセイ「2016年未来の旅」では、歳を重ねたからこそ感じる旅の変化とその想いを共感溢れる言葉で切々と綴っています。
懐かしいのに新しい。そんな魅力溢れるエッセイが電子版で登場。

同じジャンルの書籍から探す

P+D BOOKS 単純な生活 トップモデルと呼ばれたその後に 〜個性を売りにしなければ、人生が回り出す〜 ほろ酔い鉄子の世界鉄道~乗っ旅、食べ旅~ 2【オーストラリア編】 復興から自立への「ものづくり」 〜福島のおかあさんが作ったくまのぬいぐるみはなぜパリで絶賛されたのか〜 全力疾走するバカになれ 〜明るく、楽しく生きたい人に贈る75の言葉〜 こどもたちへ おとなたちへ 〜夜回り先生から29の生きるメッセージ〜 宮尾登美子 電子全集6『一絃の琴/母のたもと』 雑草学研究室の踏まれたら立ち上がらない面々 三浦綾子 電子全集 なくてならぬもの―愛すること生きること 三浦光世 電子選集 青春の傷痕 P+D BOOKS 父・山口瞳自身 〜息子が語る家族ヒストリー〜 都知事失格 P+D BOOKS 父・萩原朔太郎 シン・談志が死んだ 立川流はどこへ行く 世の中の8割はどうでもいい。〜頑張ってもうまくいかない人生を変える思考術〜 感染症時代のマスクの教科書 〜的確に選んで、正しくつける〜

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/