書くことについて 〜ON WRITING〜

書くことについて 〜ON WRITING〜

著/スティーヴン・キング

訳/田村義進

本体720円 + 税

読む

内容紹介

作家自身が「秘密」を語る。待望の新訳刊行。

「われわれ三文文士の多くもまた、及ばずながら言葉に意を注ぎ、物語を紙の上に紡ぎだす技と術に心を砕いている。本書のなかで、私はいかにして『書くことについて』の技と術に通じるようになったか、いま何を知っているのか、どうやって知ったのかを、できるだけ簡潔に語ろうと思っている。テーマは私の本業であり、言葉である」(本文より)
 ベストセラーを次から次へと生み出す、アメリカを代表する作家が、自らの「書くことについて」を解き明かしした自伝的文章読本。作家になるまでの苦闘物語から始まり、ドラッグとアルコール漬けの作家生活を語る半自叙伝の回想。書くために必要となる基本的なスキルの開陳。いいものを書くための著者独自の魔法の技。そして「書くことと」と「生きること」を重ね合わせる作者自身の人生観まで。ひとりの作家の「秘密」がそこかしこに語られるドキュメンタリー。
 2001年に「小説作法」として翻訳されたスティーヴン・キングの名著を、新たに平明で簡潔な文章で訳した新訳版。新たに巻末には著者が2001年から2009年にかけて読んだ本の中からベスト80冊を選んだリストを掲載。

(底本 2013年7月発行作品)

同じジャンルの書籍から探す

アナザー1964 パラリンピック序章 いっしょにいるよ—子どもと裁判に出た犬 フランとハッシュの物語 大震災でわかった学校の大問題(小学館101新書) 倫敦から来た近代スポーツの伝道師 お雇い外国人F.W.ストレンジの活躍(小学館101新書) 逆説の日本史25 明治風雲編 日英同盟と黄禍論の謎 南の国のカンヤダ ドラえもん深読みガイド〜てんコミ探偵団〜 さらば愛しき競馬(小学館新書) 煩悩ディスタンス 「はやぶさ2」のはるかな旅−史上初の挑戦とチームワーク 兵士を見よ 豊田章男が愛したテストドライバー だれも私たちに「失格の烙印」を押すことはできない 谷啓 笑いのツボ 人生のツボ いつも私で生きていく 麻布という不治の病 〜めんどくさい超進学校〜(小学館新書)

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/