官僚たちの冬 〜霞が関復活の処方箋〜(小学館新書)

官僚たちの冬 〜霞が関復活の処方箋〜(小学館新書)

田中秀明

本体800円 + 税

読む

内容紹介

霞が関凋落、その深層とは——。

霞が関の地盤沈下がとまらない。作家・城山三郎が『官僚たちの夏』で描いた天下国家を論じる官僚たちの姿も今は昔。さながら「官僚たちの冬」か。

90年代以降の歴代政権は、「政治主導」に向けた改革を実行してきた。それは本当に成功したのか。片や官僚らは自ら改革に努力したのか。

財務省出身で、実際に行政改革の最前線に立ったこともある筆者が綴る官僚劣化の深層。そして、その処方箋とは。

◎主な内容
「優秀な官僚」はどこに行ったか/ヴォーゲルは官僚を過大評価?
平成の30年間に行われた行政改革の功罪/省庁再編の失敗
内閣官房と内閣府の肥大化/「与党・官僚内閣制」の崩壊
小泉政権の中央省庁等改革/安倍政権の公務員制度改革
次々と変わる看板政策/山のような報告書
経産官僚のカルチャー/「政治化」する官僚たち
森友・加計問題の本質/「忖度」と「官邸主導」の因果関係
産業革新投資機構に見る矛盾/天下りは必要悪か
諸外国の公務員制度から学ぶ(米国・英国・独・仏・オーストラリア)
霞が関復活の処方箋/ジェネラリストよりプロフェッショナルを
省庁再々編/政権中枢のあり方/将来を担う若手官僚のために

同じジャンルの書籍から探す

中高年正社員が危ない 「解雇ルール見送り」に騙されるな(小学館101新書) ゴーマニズム宣言SPECIAL 脱原発論 上巻 大震災発生!公的支援がくるまでの200時間を生き延びる知識と知恵 いっしょにいるよ—子どもと裁判に出た犬 フランとハッシュの物語 池上彰の世界の見方 イギリスとEU〜揺れる連合王国〜 多様性を楽しむ生き方 〜「昭和」に学ぶ明日を生きるヒント〜(小学館新書) トップモデルと呼ばれたその後に 〜個性を売りにしなければ、人生が回り出す〜 逆説の日本史12 近世暁光編/天下泰平と家康の謎 リモコンの電池を換えてて、ちょっとでもテレビに気を取られると、あれ?新しい電池どっちだっけってなるね。 池上彰と学ぶ日本の総理 第4号 佐藤栄作 見えないボクと盲導犬アンジーの 目もあてられない日々 1歳の君とバナナへ 浅草弾左衛門 第四巻 (幕末躍動篇・下) 草食系のための対米自立論(小学館新書) 書くインタビュー 1 電脳のサムライたち3 電網創世記

次回配信の予定

2024 5/22 水曜日
  • 葬られた本の守り人/ブリアンナ・ラバスキス、高橋尚子
  • ドラえもん学びワールドspecial みんなのためのアート入門/藤子・F・不二雄

2024 5/24 金曜日
  • サメにゃん/ぢゅの
  • 小学館ジュニア文庫 小説 二月の勝者-絶対合格の教室-不屈の熱戦/伊豆平成、高瀬志帆
  • 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 服部平次セレクション 浪速の相棒/酒井匙、青山剛昌
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/