永遠の詩07 萩原朔太郎

永遠の詩07 萩原朔太郎

著/萩原朔太郎

選・鑑賞解説/高橋順子

本体800円 + 税

読む

内容紹介

言葉を超えたことばを追及、近現代詩の巨人。

萩原朔太郎は1886年(明治19)、群馬・前橋の医家の長男として生まれた。文学や音楽の才能に恵まれながらも学業では中退を繰り返し、多感な青年時代を過ごす。そして1917年、第一詩集『月に吠える』を発表、以後も数々の名詩集を世に出し、日本の近代詩が現代詩へと変貌する、その原動力となった。朔太郎は、詩のことばを、意味やリズムに仕えるだけのものだとは考えなかった。誰も表現することのできない、たとえば「こころ」などといったものを表現できる、それこそが「詩のことば」なのだと考えた。そのため、彼の詩のことばは、今まで誰も考えなかったような比喩に満ちあふれ、真理を追求しようとする彼の真摯な態度は私たち読者のこころを突き動かす。ページを繰れば、その豊穣なことばの世界に圧倒されるはずだ。結婚生活は収録した58篇すべてに、詩人・高橋順子による鑑賞解説付き。

永遠の詩シリーズは、今日的に意義のある詩人をとりあげ、代表作を厳選しました。わかりやすい解説で、詩があなたにもっと近くなります。

同じジャンルの書籍から探す

猫のほそ道 ノラ猫俳句旅 俳句を遊べ! 〜コ・ト・バ・を・ア・ソ・ベ!Vol.1〜 定命 福永武彦電子 全集19 詩人、福永武彦。 永遠の詩03 山之口貘 短歌という爆弾 −今すぐ歌人になりたいあなたのために− 三浦光世 電子選集 歌集 吾が妻なれば 〜妻・三浦綾子と歩んだ40年〜 孤独の俳句 〜「山頭火と放哉」名句110選〜(小学館新書) 信じる力 生きる力 天国と、とてつもない暇 永遠の詩02 茨木のり子 こども「折々のうた」100 〜10歳から読みたい日本詩歌の決定版!〜 永遠の詩08 八木重吉 永遠の詩06 宮沢賢治 永遠の詩01 金子みすゞ たんぽぽの日々 〜俵万智の子育て歌集〜

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/