新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた(小学館101新書)

新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた(小学館101新書)

編/週刊ポスト編集部

本体500円 + 税

読む

内容紹介

大相撲八百長追及30年間の取材記録

八百長問題の発覚で、大相撲が65年ぶりとなり本場所の開催中止に追い込まれた。日本相撲協会の放駒理事長は「天地がひっくり返った感じ」と述べ、新聞やテレビは「協会はすべての膿を出せ」と大騒ぎしている。
 しかし、大相撲の八百長は、今初めて判明したわけではない。
『週刊ポスト』は1980年の「角界浄化キャンペーン」を皮切りに、数々の実名証言と物証を誌面で提示し、厳しく追及してきた。「元十両・四季の花の告白」(80年)、「元・大鳴戸親方の爆弾手記と怪死事件」(96年)、「曙の付き人・高見旺の証言」(97年)ほか、『週刊ポスト』が30年間にわたって総力追及してきた国技の最大タブー「八百長」の歴史と実態を詳らかにする。

同じジャンルの書籍から探す

老いて、若返る〜人生、90歳からが面白い〜 池上彰の世界の見方 朝鮮半島〜日本はどう付き合うべきか〜 巨人V9 50年目の真実 栄光の時代を築いた名選手、立ち向かったライバル33人の証言 「YES」と言わせる日本(小学館新書) 日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実 ポスト・サピオムック 師匠、御乱心! 日本でいちばん幸せな医療 柔の恩人〜「女子柔道の母」ラスティ・カノコギが夢見た世界〜 僕らが愛した手塚治虫 3 怒らないクスリ 専門医が語る、心が楽になる処方せん(小学館101新書) いのちの使いかた【新版】 笑おうね 生きようね 〜いじめられ体験乗り越えて〜 前田義子の強運に生きるワザ ダチョウの卵で、人類を救います アトピー、新型インフルエンザ、HIVも撃墜する夢の抗体発見秘話 最下層女子校生〜無関心社会の罪〜(小学館新書) 大切なのは「つまずき 寄り道 回り道」〜小さな塾「フジゼミ」塾長と生徒たちの昨日、今日、明日〜

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2020 4/1 水曜日
  • 「刑事力」コミュニケーション~優位に立てる 20の術~/佐々木成三

2020 4/2 木曜日
  • アマチュア・ベースボールオフィシャルガイド'20 グランドスラム55/グランドスラム編集室
  • おひとりさまの老後対策(小学館新書)/大村大次郎
  • 「過干渉」をやめたら子どもは伸びる(小学館新書)/西郷孝彦、尾木直樹、吉原毅
  • 韓国人、韓国を叱る~日韓歴史問題の新証言者たち~(小学館新書)/赤石晋一郎
  • 怖い仏教(小学館新書)/平野純

2020 4/3 金曜日
  • 京女式深い学びをめざす国語の板書指導5年6年/吉永幸司、京都女子大学附属小学校、浅原孝子
  • 子どもも、学校も元気になる!行事・学活に生かす学校美術館作品資料集/大久保利詔
  • 自己肯定感がぐんぐん育つ 学級づくりに役立つライフスキル/白石孝久
  • 小学校版 子供の心を伸ばす 特別活動のすべて/清水弘美
  • まんがでわかる!学級経営と学級会/平野修