新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた(小学館101新書)

新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた(小学館101新書)

編/週刊ポスト編集部

本体500円 + 税

読む

内容紹介

大相撲八百長追及30年間の取材記録

八百長問題の発覚で、大相撲が65年ぶりとなり本場所の開催中止に追い込まれた。日本相撲協会の放駒理事長は「天地がひっくり返った感じ」と述べ、新聞やテレビは「協会はすべての膿を出せ」と大騒ぎしている。
 しかし、大相撲の八百長は、今初めて判明したわけではない。
『週刊ポスト』は1980年の「角界浄化キャンペーン」を皮切りに、数々の実名証言と物証を誌面で提示し、厳しく追及してきた。「元十両・四季の花の告白」(80年)、「元・大鳴戸親方の爆弾手記と怪死事件」(96年)、「曙の付き人・高見旺の証言」(97年)ほか、『週刊ポスト』が30年間にわたって総力追及してきた国技の最大タブー「八百長」の歴史と実態を詳らかにする。

同じジャンルの書籍から探す

アイム・ファイン! コンビニ店長の残酷日記(小学館新書) キレる!(小学館新書) 49歳 未経験 すっとこ介護はじめました! 「カミさんポックリ教」宣言(小学館101新書) 20歳のソウル〜奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド〜 アタラシイ女子の光! メタルカラーの時代10 猛速度こそ我が人生 ひまわりは枯れてこそ実を結ぶ へこたれない UNBOWED ワンガリ・マータイ自伝 両親認知症 Uターン すっとこ介護はじめました! ゴーマニズム宣言SPECIAL 国防論 下巻 パイプのけむり選集 味 誰も知らない中国拉麺之路 日本ラーメンの源流を探る(小学館101新書) 世界で一番いのちの短い国 シエラレオネの国境なき医師団 書くインタビュー 3

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2019 8/23 金曜日
  • 顔もお腹もV字アップ! ~50、60代になっても若返るすごいテクニック~/吉丸美枝子
  • かご伝 ~ナンタケットバスケット~/八代江津子
  • 「若者の性」白書 ~第8回 青少年の性行動全国調査報告~/日本性教育協会
  • 色川武大・阿佐田哲也 電子全集5 10年後のドサ健と坊や哲 『ドサ健ばくち地獄』『新麻雀放浪記』/色川武大、阿佐田哲也
  • 小学館ジュニア文庫 小説 イナズマイレブン オリオンの刻印3/江橋よしのり、日野晃博、レベルファイブ