「消せるボールペン」30年の開発物語(小学館新書)

「消せるボールペン」30年の開発物語(小学館新書)

滝田誠一郎

本体720円 + 税

読む

内容紹介

あの奇跡の商品はこうして生まれた!

2006年の発売以来、世界100ヵ国以上で10億本を売り上げたパイロットの“消せるペン”「フリクションシリーズ」。メイン商品の「フリクションボール」は、いまや「ボールペンのデファクトスタンダード」になった観すらありますが、筆記具として商品化できるまでには長い年月がかかりました。秋になると葉っぱの色が変わることに着想を得て、色が変わるインクの開発に成功したのが1972年。玩具など応用商品は次々に生まれましたが、パイロットの本業であるペンなどに使えるようになるには、30年かかったのです。そのイノベーションの軌跡を一冊にまとめました。
一見普通のインクのように見えて、じつは極小のカプセルが封入されている/専用のラバーでこすれば消えたように見えるが、じつはインクが透明になっただけ/まず飛びついたのはフランス人だった……などなど、身近な商品の裏話が満載。あの奇跡の商品がどのように誕生したのか、開発担当者やマーケティング担当者などへの取材を通じて明らかにします。文具ファンにはもちろん、ビジネス読み物として興味深くお読みいただけるでしょう。

※【ご注意】この作品には図表が含まれており、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

同じジャンルの書籍から探す

ラジオにもほどがある 覆す力(小学館新書) 生物多様性のウソ(小学館101新書) 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第14巻 道路の決着 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第6巻 土地の神話 世界音痴 ハワイで聞いた 心にひびくアロハな話15 電脳のサムライたち3 電網創世記 インターネットにかけた男たちの軌跡3 大前研一の今日から使える英語 「自信がない」ビジネスマンにすぐに効く英語のコツ ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇 下巻 安倍晋三 沈黙の仮面 その血脈と生い立ちの秘密 瞳さんと 韓国人の癇癪 日本人の微笑み 池上彰の世界の見方 アメリカ〜ナンバーワンから退場か〜 Mr.トルネード 藤田哲也 航空事故を激減させた気象学者 スキャンダル 〜墓場まで持っていかない話〜

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2021 9/29 水曜日
  • 湖の中のレイチェル/K.R.アレグザンダー、金原瑞人、小松かほ
  • コロナと漫画 ~7人の漫画家が語るパンデミックと創作~/島田一志

2021 9/30 木曜日
  • 池上彰の世界の見方 中国 ~巨龍に振り回される世界~/池上彰
  • コロナとワクチンの全貌(小学館新書)/小林よしのり、井上正康
  • 無知の死 ~これを理解すれば「善き死」につながる~(小学館新書)/島田裕巳
  • やくざ映画入門(小学館新書)/春日太一

2021 10/1 金曜日
  • 齋藤 孝の音読破 1 坊っちゃん/齋藤孝
  • 齋藤 孝の音読破 2 走れメロス/齋藤孝
  • 齋藤 孝の音読破 3 銀河鉄道の夜/齋藤孝
  • 齋藤 孝の音読破 4 五重塔/齋藤孝
  • 齋藤 孝の音読破 5 山月記/齋藤孝
  • 齋藤 孝の音読破 6 羅生門/齋藤孝
  • エゴイスト/高山真
  • やりたいことが見つからない君へ(小学館YouthBooks)/坪田信貴
  • 仮面ライダー特写魂 仮面ライダーブレイズ/川上裕生