「消せるボールペン」30年の開発物語(小学館新書)

「消せるボールペン」30年の開発物語(小学館新書)

滝田誠一郎

本体720円 + 税

読む

内容紹介

あの奇跡の商品はこうして生まれた!

2006年の発売以来、世界100ヵ国以上で10億本を売り上げたパイロットの“消せるペン”「フリクションシリーズ」。メイン商品の「フリクションボール」は、いまや「ボールペンのデファクトスタンダード」になった観すらありますが、筆記具として商品化できるまでには長い年月がかかりました。秋になると葉っぱの色が変わることに着想を得て、色が変わるインクの開発に成功したのが1972年。玩具など応用商品は次々に生まれましたが、パイロットの本業であるペンなどに使えるようになるには、30年かかったのです。そのイノベーションの軌跡を一冊にまとめました。
一見普通のインクのように見えて、じつは極小のカプセルが封入されている/専用のラバーでこすれば消えたように見えるが、じつはインクが透明になっただけ/まず飛びついたのはフランス人だった……などなど、身近な商品の裏話が満載。あの奇跡の商品がどのように誕生したのか、開発担当者やマーケティング担当者などへの取材を通じて明らかにします。文具ファンにはもちろん、ビジネス読み物として興味深くお読みいただけるでしょう。

※【ご注意】この作品には図表が含まれており、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

同じジャンルの書籍から探す

電脳のサムライたち2 孫正義 インターネット財閥経営1 セックス難民〜ピュアな人しかできない時代〜(小学館新書) 狼の牙を折れ〜史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部〜 逆説のニッポン歴史観 桐谷さんの株主優待ライフ アイドルのウエストはなぜ58センチなのか 数のサブリミナル効果 手塚番 〜神様の伴走者〜 もっとさいはての中国(小学館新書) 会社員 自転車で南極点に行く 愛について/愛のパンセ 元検事が明かす「口の割らせ方」(小学館新書) 特別活動でみんなと創る 楽しい学校 生きることの発明 ウシジマくんvs.ホリエモン カネに洗脳されるな! 脳が若返る最高の睡眠〜寝不足は認知症の最大リスク〜(小学館新書) 3D世界規格を作れ! ブルーレイ統一から3Dテレビへ。日本メーカーの誇りをかけた戦い。

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2020 11/30 月曜日
  • やきものバイリンガルガイド~Japanese Pottery~/澤田美恵子

2020 12/1 火曜日
  • 専業禁止!! ~副業したら本業成果が上がる仕組み~/清水正樹
  • ナショナリズムを理解できないバカ ~日本は自立を放棄した~/適菜収

2020 12/2 水曜日
  • 小学館版 学習まんが人物館 渋沢栄一/香川まさひと、岩田やすてる

2020 12/3 木曜日
  • ダイエットの終焉。 ~デブで自尊心底辺だった私の人生を変えたボディメイク~/Sunny
  • ももちのクセが強すぎた。本 ~MOMOCHI STYLE BOOK~/牛江桃子
  • 儲かる副業図鑑 ~在宅勤務のスキマ時間に始める80のシゴト~/山田真哉、マッチョクリエイターズ

2020 12/4 金曜日
  • CIAO BOOKS すみっコぐらしのおかたづけ/サンエックス、水谷妙子
  • CupOfTherapy いっしょに越えよう ~フィンランドから届いた疲れたこころをときほぐす112のヒント~/マッティ・ピックヤムサ、アンッティ・エルヴァスティ、西本かおる
  • 中国と 茶碗と 日本と/彭丹