万博の歴史〜大阪万博はなぜ最強たり得たのか〜

万博の歴史〜大阪万博はなぜ最強たり得たのか〜

著/平野暁臣

編/小学館クリエイティブ

本体1350円 + 税

読む

内容紹介

歴史を紐解きながら万博の本質と課題に迫る。

19世紀半ばにロンドンで生まれ、近代化を競う欧米列強が推進した「万国博覧会」は、世界最大の国際イベント・最強のコミュニケーションメディアとして国際社会に君臨してきました。万博は日本がもっとも注力してきたイベントでもあり、1970年の大阪万博は戦後日本の一大エポックとしていまも日本人の記憶に深く刻まれています。しかし社会環境の変化と制度疲労が重なる状況下にあって、これまでなんとか持ちこたえてきた万博も、いまはかつての輝きを失い、歴史的な岐路に立っています。このまま老衰を迎えてしまうのか、あるいは再生を果たすのか。その命運はまもなく決するでしょう。
万博という史上初の国際イベントがなぜ、どのようにして生まれ、どんな役割を担ったのか。
その後どのように発展し、どのような問題に直面し、どのように乗り越えてきたのか。
そしていま、いかなる事態に直面しているのか。こうした問題について通史的に読み解きながら、現状の問題と課題をさぐり、今後の展望と可能性を考えます。
それはそのまま「大阪万博がなぜあれほどの強度を持ち得たのか」に対する回答にもなっています。

同じジャンルの書籍から探す

食の達人たち フードストーリー 世界で一番売れている薬〜遠藤章とスタチン創薬〜(小学館新書) 小学館ジュニア文庫 ルイ・ブライユ 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者 思春期の子に、本当に手を焼いたときの処方箋33(小学館新書) 安楽死を遂げるまで 人生賭けて 〜苦しみの後には必ず成長があった〜 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第10巻 天皇の影法師 浪費図鑑 —悪友たちのないしょ話— 合本版 逆説の日本史 近世・江戸編 中国食品工場の秘密 池上彰の世界の見方 15歳に語る現代世界の最前線 ビートルズは眠らない 電脳のサムライたち1 西和彦とその時代4 兄 かぞくのくに 十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争 偉人たちの死亡診断書

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  2. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ガウディ計画

    下町ロケット ガウディ計画

    池井戸潤
    本体720円+税

  4. 【ガガガ文庫】出会ってひと突きで絶頂除霊! 3

    【ガガガ文庫】出会ってひと突きで絶頂除霊! 3

    赤城大空(著)魔太郎(イラスト)
    本体611円+税

  5. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。 10

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。 10

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

次回配信の予定

2018 11/22 木曜日
  • 温まって、おいしい フォンダンウォーター/楊さちこ
  • いまどきの納骨堂 ~変わりゆく供養とお墓のカタチ~/井上理津子
  • 東京輪舞/月村了衛
  • 無事に返してほしければ/白河三兎
  • 料理のその手間、いりません ~台所の呪いを解く方法~/柳澤英子
  • 死神憑きの浮世堂 迷宮の戻り人/中村ふみ(著)雪リコ(イラスト)
  • 図書室の神様たち/櫻いいよ(著)とろっち(イラスト)
  • BANANA FISH #1/小笠原みく(著)吉田秋生(原作)瀬古浩司(脚本)Project BANANA FISH(監)
  • 夢探偵フロイト -てるてる坊主殺人事件-/内藤了(著)syo5(イラスト)
  • 山口瞳 電子全集26 1993~1995年『吉行さんのいない銀座なんて』/山口瞳