韓国「反日フェイク」の病理学(小学館新書)

韓国「反日フェイク」の病理学(小学館新書)

崔碩栄

本体840円 + 税

読む

内容紹介

韓国の「反日」は嘘と捏造で作られている。

韓国艦艇による自衛隊機へのレーダー照射事件や、韓国最高裁による日本企業への徴用工賠償命令など、韓国で再び反日ムードが高まっています。

韓国のマスコミや教育現場で拡散されている「日本批判」の数々。

しかし、本書の著者、韓国人作家の崔碩栄氏は、「韓国の反日報道や教科書の歴史記述には、驚くような捏造がまかり通っている」と指摘します。

例えば、韓国の公共放送が「独島(竹島)を奪おうとした日本軍」との字幕とともに放送した写真。崔氏の調査により、これはノルマンディー上陸作戦の写真と日章旗の写真、竹島の写真を合成したものだということがわかりました。

さらに、韓国が「朝鮮人強制連行」の悲劇のシンボルとして繰り返し使用する落書き。朝鮮人徴用工が筑豊炭田の宿舎の壁に「お母さんに会いたい、お腹が減った」と書いたというものですが、これも、北朝鮮系の組織が製作した映画の演出として書かれた「フェイク」であることがわかりました。

崔氏はさらに、韓国の「反日」が意図的に作られた背景を明らかにしていきます。その背後に浮かび上がる北朝鮮の影ーー。まるで、良質のミステリーのように韓国の反日の裏側を鮮やかに暴いていく衝撃の書です。

同じジャンルの書籍から探す

天皇メッセージ 婚活バカ矯正講座 池上彰と学ぶ日本の総理 第11号 中曽根康弘 専門キャリカウンセラーが教える これからの発達障害者「雇用」 愛を描いたひと イ・ジュンソプと山本方子の百年 時間の日本史 〜日本人はいかに「時」を創ってきたのか〜 紛争地の看護師 第4の波 〜大前流「21世紀型経済理論」〜 いのちの使いかた【新版】 卑怯者の島 戦後70年特別企画 ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち ゴーマニズム宣言SPECIAL 国防論 下巻 結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記 仕事師たちの平成裏起業 池上彰と学ぶ日本の総理 第24号 犬養毅 介護はつらいよ

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/