瞳さんと

瞳さんと

山口治子

本体800円 + 税

読む

内容紹介

直木賞作家・山口瞳夫人が初めて明かす「本当の瞳さん」。

2人は昭和21年に、開設されたばかりの鎌倉の学校で出会った。大恋愛の末、2人は結婚。小さな出版社の編集者だった夫はその後、サントリーの宣伝課に転職する。大企業に入れたことで安穏とした、小市民的な生活を手に入れることができたと妻は安堵していた。ところが、週末の夜に社宅の寝室兼居間で書いていた『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞を受賞。作家に転身し、安穏とした生活が一転する……。  19歳と18歳で出会ったときから別れまでを、妻しか知りえないさまざまなエピソードをまじえつつ、夫がそのとき何を悩み苦しみ、何を喜んだのか——妻の視線で直木賞作家・山口瞳の素顔を綴った。

同じジャンルの書籍から探す

三浦綾子 電子全集 言葉の花束―愛といのちの792章 カミカゼの幽霊 〜人間爆弾をつくった父〜 ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論第三部 明治日本を作った男達 下巻 クラシック リバイバル 日本名城紀行2 小学館ジュニア文庫 12歳の約束〜そして世界の頂点へ Mr.トルネード 藤田哲也 航空事故を激減させた気象学者 ルポ 百田尚樹現象 〜愛国ポピュリズムの現在地〜 まんがでわかる日米地位協定 〜高校生が日米地位協定を調べてみた!〜 武相荘、おしゃれ語り 〜白洲次郎・正子の長女がつづる「装いのプリンシプル」〜 逆説の日本史2 古代怨霊編/聖徳太子の称号の謎 ヒンシュクの達人(小学館新書) 【電子版限定特典付】 少年の名はジルベール 平成史 中上健次 電子全集12『オルガナイザー中上健次の軌跡』 十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争 最下層女子校生〜無関心社会の罪〜(小学館新書)

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/