瞳さんと

瞳さんと

山口治子

本体800円 + 税

読む

内容紹介

直木賞作家・山口瞳夫人が初めて明かす「本当の瞳さん」。

2人は昭和21年に、開設されたばかりの鎌倉の学校で出会った。大恋愛の末、2人は結婚。小さな出版社の編集者だった夫はその後、サントリーの宣伝課に転職する。大企業に入れたことで安穏とした、小市民的な生活を手に入れることができたと妻は安堵していた。ところが、週末の夜に社宅の寝室兼居間で書いていた『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞を受賞。作家に転身し、安穏とした生活が一転する……。  19歳と18歳で出会ったときから別れまでを、妻しか知りえないさまざまなエピソードをまじえつつ、夫がそのとき何を悩み苦しみ、何を喜んだのか——妻の視線で直木賞作家・山口瞳の素顔を綴った。

同じジャンルの書籍から探す

辻政信の真実 〜失踪60年−−伝説の作戦参謀の謎を追う〜(小学館新書) ほっこりおうちごはん 「どうぞ飯あがれ」 シン・浪費図鑑 みなさんのおかげです 木梨憲武自伝 栗本薫・中島梓傑作電子全集9 [エッセイ] 日本語ぽこりぽこり 池上彰の世界の見方 アメリカ2 〜超大国の光と陰〜 しまむらとヤオコー −小さな町が生んだ2大小売チェーン− 池上彰の世界の見方 中東〜混迷の本当の理由〜 世界一ラクな「がん治療」 生まれてくれてありがとう〜目と鼻のない娘は14才になりました〜 ある日、戦争がはじまった 12歳のウクライナ人少女イエバの日記 三浦光世 電子選集 夕映えの旅人 〜妻・三浦綾子と歩んだ40年〜 欲望のメディア フォレスタBOOK 〜心に響く歌を届けて〜 世界に一軒だけのパン屋

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/