コロナとバカ(小学館新書)

コロナとバカ(小学館新書)

ビートたけし

本体800円 + 税

読む

内容紹介

ウイルスより、よっぽどヤバいぞニッポン人。

<本書に登場する残念な人たち>
●国民に外出自粛をお願いしておいて、自分の妻には言えない前総理大臣
●スイーツやコミック好きをアピールして「かわいいオジサン」ぶる現総理大臣
●政権批判ブームが終わったとたん、すっかり黙りこんでしまった芸能人
●総理大臣が辞めるとなった途端、ご祝儀で支持率をアップさせる日本人
●世襲なのに「自分の手柄」と勘違いしている政治家
●コロナでも営業しているパチンコ店を実名公表して宣伝してしまった府知事
●パフォーマンスばかりで実際は何にもやってない都知事
●交通事故で人を死なせておいて、「車の誤作動だった」と言い張る老人
●手間と時間をかけて「GoToイート錬金術」で小銭を稼ぐ貧乏人
●SNSで人を叩くくせに、面と向かっては何も言えないネット民
●大谷翔平や藤井聡太を見て、「自分の子も」と考える親
●小学生の「あだ名」を禁止して、イジメを止めたと思ってる教育委員会

まだまだ出てくるバカばかり。 ああ、こんなニッポンに誰がした!

同じジャンルの書籍から探す

世界の刑務所を訪ねて〜犯罪のない社会づくり〜(小学館新書) 福永武彦 電子全集15 『別れの歌』、随筆の家としてI。 アメリカなう。 これからの競馬の話をしよう(小学館新書) ヤットコスットコ女旅 思い、思われ、食べ、ぼる塾。 つけびの村 〜山口連続殺人放火事件を追う〜 ヒトは「いじめ」をやめられない(小学館新書) 「首尾一貫感覚」で心を強くする(小学館新書) 中上健次 電子全集21『中上健次と柄谷行人』 リモコンの電池を換えてて、ちょっとでもテレビに気を取られると、あれ?新しい電池どっちだっけってなるね。 絶望裁判3 〜連続レイプ・実娘強姦・強制わいせつ犯〜 笑おうね 生きようね 〜いじめられ体験乗り越えて〜 ちゃんぽん食べたかっ! 上 僕らが愛した手塚治虫 1 総理の影〜菅義偉の正体〜

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/