罪を償うということ 〜自ら獄死を選んだ無期懲役囚の覚悟〜(小学館新書)

罪を償うということ 〜自ら獄死を選んだ無期懲役囚の覚悟〜(小学館新書)

美達大和

本体880円 + 税

読む

内容紹介

2件の殺人を犯した無期懲役囚の獄内ルポ。

「被害者には本当に申し訳ないことをしました」「心より反省しています」「今後このような事件を犯さないようにまっとうに生きていくつもです」
これらの言葉は凶悪事件を犯した犯罪者たちの多くが、裁判などでよく口にする言葉だ。
心より反省し、更生していく者もいるが、しかし、このような言葉をどこまで信じていいのか。
2件の殺人事件を犯し、無期懲役囚となり、現在も四半世紀以上を刑務所内で過ごしている著者によれば、受刑者の多くは「仮釈放」が欲しい、少しでも刑期を短くしたいために反省した「ふり」をしているだけだと言う。
囚人同士の間では、自被害者のせいにして、自分のした行為を正当化するばかりで、強盗殺人犯も連続レイプ犯も薬物中毒者も同様だと。
一方で最近の刑務所内はテレビも映画も観られて、更生施設とは思えないほど緩いとも指摘する。
「罪と罰」とはなんなのか。
著者が見た凶悪犯罪者たちの本音と知られざる最新の監獄事情を獄中からルポする衝撃のノンフィクション。

同じジャンルの書籍から探す

宇宙食になったサバ缶 中村吉右衛門 舞台に生きる 〜芸に命を懸けた名優〜 逆説の日本史9 戦国野望編/鉄砲伝来と倭寇の謎 パリわずらい 江戸わずらい ニッポンの懸案 韓・中との衝突にどう対処するか(小学館新書) 「ありがとう」 上皇后・美智子さま“感謝のお気持ち” 〜なぜ美智子さまのお言葉は胸に響くのか〜 倫敦から来た近代スポーツの伝道師 お雇い外国人F.W.ストレンジの活躍(小学館101新書) 逆説の日本史23 明治揺籃編 琉球処分と廃仏毀釈の謎 どんな災害でもお金とくらしを守る 虚報の構造 オオカミ少年の系譜 朝日ジャーナリズムに異議あり 書くインタビュー 5 結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記 復興の書店 ダチョウの卵で、人類を救います アトピー、新型インフルエンザ、HIVも撃墜する夢の抗体発見秘話 前田義子の迷わない強運哲学 ペガサスの記憶

次回配信の予定

2024 6/24 月曜日
  • 甲子園強豪校の監督術/ゴジキ(@godziki_55)

2024 6/25 火曜日
  • 小学館の図鑑NEOポケット 鉄道/長根広和、土屋武之
  • 小学館の図鑑NEOポケット プランクトン ~クラゲ・ミジンコ・小さな水の生物~/山崎博史、仲村康秀、田中隼人

2024 6/26 水曜日
  • ポケット版チャレンジミッケ! 5 むかしむかし/ウォルター・ウィック、糸井重里
  • ポケット版チャレンジミッケ! 7 パイレーツ/ウォルター・ウィック、糸井重里

2024 6/27 木曜日
  • 環境問題とわたしたちのくらし/藤子・F・不二雄
  • キャラクター超ひゃっか ポケットモンスター大しゅうごう!!/小学館

2024 6/28 金曜日
  • それいゆ文庫 番町呪物奇譚 ~針供養童子 戀々~/金子ユミ、上條ロロ
  • 週刊ポストGOLD 健康寿命を延ばす3分ストレッチ/週刊ポスト編集部
  • 小学館ジュニア文庫 探偵ハイネは予言をはずさない ファントム・エイリアン/南房秀久、わたあめ
  • 小学館ジュニア文庫 リアル鬼ごっこ ファイナル(上)/江坂純、山田悠介、さくしゃ2
  • 庄野潤三電子全集 第10巻 1988~1994年「さくらんぼジャム」「文学交友録」ほか/庄野潤三
  • 疲れない体をつくる最高の食事術/牧田善二
  • 猛暑対策BOOK ~日本のヤバい夏を最新科学の力で乗り切る!~/藤井直人
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/