無知の死 〜これを理解すれば「善き死」につながる〜(小学館新書)

無知の死 〜これを理解すれば「善き死」につながる〜(小学館新書)

島田裕巳

本体860円 + 税

読む

内容紹介

死をむやみに恐れる必要はない。

新型コロナウイルスの猛威で、それまで元気だった人が突然亡くなるといったケースも増えている。コロナに限らず、脳疾患や心疾患、事故などによってなんの心の準備もできていないままに命を落とすことも珍しくない。またがんなどの重篤な病で余命宣告を受けた人も多いだろう。そして、自分の命が限りあるものであることをあらためて認めることによって動揺するケースも多い。
 死は誰にでも平等に訪れるものである。しかし、その本質を知らないから異常なくらい死を恐れる。意外に、私たちは死というものについて知らない。
 多くの人がどのように死んでいくのか。そして、自分が将来においてどういう形で死ぬのかが分かっていないのだ。
 それを知ることは、無知から解き放たれる第一歩である。死にまつわる問題を抱えていく上で、その一歩を踏み出すことの意味は限りなく大きい。
 「善き死」とは何か。超長寿社会となった現代は、それをじっくりと考える時間的な余裕を与えてくれるはずなのである。そして、死の本質を知ることで「善き死」というものに辿り着けるのである。

(底本 2021年10月発行作品)

同じジャンルの書籍から探す

ルポ 百田尚樹現象 〜愛国ポピュリズムの現在地〜 食と酒 吉村昭の流儀 三浦綾子 電子全集 あさっての風-あなたと共に考える人生論 同調圧力のトリセツ(小学館新書) ぼく、ドラえもんでした。 私はなぜ80歳でエベレストを目指すのか(小学館101新書) すべては導かれている〜逆境を越え、人生を拓く 五つの覚悟〜 週刊ポストsepia 昭和の最強軍団 「晩成運」のつかみ方。 住む人が健康になる「本物の家」の建て方(小学館101新書) 介護はつらいよ 心を豊かにする言葉術(小学館101新書) 昭和天皇は何と戦っていたのか 『実録』で読む87年の生涯 虫捕る子だけが生き残る 「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか(小学館101新書) 勝負論 ウメハラの流儀(小学館新書) 救出 3.11気仙沼公民館に取り残された446人

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/