花森安治と『暮しの手帖』

花森安治と『暮しの手帖』

著/山田俊幸

著/岩崎裕保

本体1170円 + 税

読む

内容紹介

暮しを豊かにするために闘った人物に迫る!

 NHKの朝ドラで話題となった天才編集者の世界に迫る1冊。
 第一章・花森安治の教える「考えるヒント」では、『暮しの手帖』誌上で人気企画となった〈商品テスト〉を含め、花森が調査し批評した上で意見表明したテーマを紹介。今も解決していない事柄もあり、今を見つめるヒントにもなります。
 第二章・花森安治を作った時代と人々では、生い立ちから戦後『暮しの手帖』を大橋鎭子と始めるまでの歩みをたどり、花森という人物がどうやって作られていったかを見ていきます。
 そして第三章・花森安治の好奇心と世の中では、花森のものの考え方にも話が及んでいきます。
 戦時中は国策に利用され、戦後はお上の言うことは信ぜずに独自の姿勢を貫き、日本のあるべき暮しを追求した花森。『暮しの手帖』をこよなく愛していたプロ達が、花森の業績や考え方を分かりやすく綴っています。

同じジャンルの書籍から探す

「首尾一貫感覚」で心を強くする(小学館新書) 韓国「反日フェイク」の病理学(小学館新書) 地震 停電 放射能 みんなで生き抜く防災術 小学館版 学習まんが人物館 クレオパトラ女王 大江戸剣豪列伝 切先越しにみるサムライの260年(小学館新書) 中上健次 電子全集2 『紀州熊野サーガ2 オリュウノオバと中本の一統』 右の心臓 誰も知らない中国拉麺之路 日本ラーメンの源流を探る(小学館101新書) 池上彰と学ぶ日本の総理 第11号 中曽根康弘 ビートルズを呼んだ男 マル暴 〜警視庁暴力団担当刑事〜(小学館新書) 万博の歴史〜大阪万博はなぜ最強たり得たのか〜 写真をアートにした男 石原悦郎とツァイト・フォト・サロン 日本はこうしてつくられた 〜大和を都に選んだ古代王権〜 被爆 〜ヒロシマ・ナガサキ いのちの証〜 「カミさんポックリ教」宣言(小学館101新書)

次回配信の予定

2024 2/20 火曜日
  • 小学館ジュニア文庫 華麗なる探偵アリス&ペンギン スイーツ&モンスターズ/南房秀久、あるや
  • 小学館ジュニア文庫 天国の犬ものがたり~ゆうき~/藤咲あゆな、堀田敦子、環方このみ

2024 2/21 水曜日
  • ドラえもんの理科おもしろ攻略 [新版]力と電気、音、光がわかる/藤子・F・不二雄、藤子プロ、進学教室 浜学園、田中康一
  • 英語でDORAEMON 音声つき 1 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カンアンドリュー・ハシモト
  • 小学生のための ドラえもん 読解力をつけることば図鑑/藤子・F・不二雄、中島克治、藤子プロ
  • アフガンの息子たち/エーリン・ペーション、ヘレンハルメ美穂

2024 2/22 木曜日
  • 悩んでも迷っても道はひとつ ~マリ共和国の女性たちと共に生きた自立活動三〇年の軌跡~/村上一枝
  • くろねこちゃこのぼうけん/相野谷由起
  • それいゆ文庫 おにぎりはいかがですか? ~越後のほっこりお宿 雪柳旅館へようこそ~/水杜、成葉いな
  • つまらない夜に取り残されそうで/嘉島唯
  • 中村憲剛の「こころ」の話 ~今日より明日を生きやすくする処方箋~/中村憲剛、木村謙介

2024 2/23 金曜日
  • 庄野潤三電子全集 第6巻 1968~1970年「絵合せ」「前途」ほか/庄野潤三
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/