つかふ 〜使用論ノート〜

つかふ 〜使用論ノート〜

鷲田清一

本体1800円 + 税

読む

内容紹介

「つかう」を巡る、かくも深く、多様な論考。

「つかう」という言葉の様相をさまざまな観点から考え抜いた一冊。道具をつかう、出汁につかう、楽器をつかう……、同じ「つかう」でも、その意味はさまざま。この単語を契機に、意味を探り、使われ方の変遷を辿り、哲学はもちろん、民俗学、芸術学、料理本まで関係書物を渉猟し、考えを深めていきます。著者は、2015年4月から朝日新聞の朝刊に「折々のことば」を連載中の、現代哲学の第一人者である鷲田清一氏。「つかう」を巡り、ひとをつかうから始まり、道具の使用、民芸での意味の変遷、多種多様な身体用法、武道でのかけひき、保育・介護の場面での展開、ペットとのつきあい、ひとと楽器の関係など具体的な場に即して、徹底的に考え抜いた哲学エッセイで、鷲田ワールド全開の一冊です。ひとを、道具を、楽器を、衣服を、ペットを……、「つかう」を介して人はどのように、ひとと、社会と、世界と拘わっているのかを深く考察します。カバー写真と文中には、現代写真の先端で作品を発表し続ける、ヴォルフガング・ティルマンスの写真を採用。アートにも親和性の高い一冊です。

同じジャンルの書籍から探す

お洒落極道 湿原のカムイ〜幻のイトウを追って〜 上級国民/下級国民(小学館新書) 絶望に効くブックカフェ それでも運命にイエスという。  東京五輪後の日本経済 〜元日銀審議委員だから言える〜 うちの嫁は児童虐待サバイバー 〜彼女の生きてきた壮絶な16年間を見てほしい〜 絶望の超高齢社会〜介護業界の生き地獄〜(小学館新書) 三浦綾子 電子全集 忘れえぬ言葉―私の赤い手帖から 音楽の肖像 金子みすゞ ふたたび 不倫女子のリアル(小学館新書) 大震災でわかった学校の大問題(小学館101新書) 三浦綾子 電子全集 永遠のことば 山口瞳 電子全集16 1972〜1973年『考える人たち』 三浦綾子 電子全集 孤独のとなり

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2021 3/1 月曜日
  • 楽しい!学級づくり 1・2年/熊本県小学校特別活動研究会
  • 楽しい!学級づくり 3・4年/特別活動希望の会in横浜
  • タブレットで変わる授業デザイン/西尾環

2021 3/4 木曜日
  • ぽかぽかぐ~ん ~角野栄子のアコちゃん絵本~/角野栄子、よしむらめぐ

2021 3/5 金曜日
  • 栗原心平のごちそうキャンプ ~メスティン・スキレット・ダッチオーブンでつくる極旨レシピ~/栗原心平
  • 大阪マダム、後宮妃になる! 二回戦は熱闘猛虎黎明編/田井ノエル、カズアキ
  • おばさん探偵 ミス・メープル/柊坂明日子、トミイマサコ
  • 悲願花/下村敦史
  • かすがい食堂/伽古屋圭市
  • 警視庁特殊潜工班 ファントム/天見宏生
  • 警視庁特別捜査係 サン&ムーン/鈴峯紅也
  • 刑事の遺品/三羽省吾
  • 警部ヴィスティング 鍵穴 ~THE INNERMOST ROOM~/ヨルン・リーエル・ホルスト、中谷友紀子
  • さんばん侍 利と仁/杉山大二郎
  • 上流階級 富久丸百貨店外商部 III/高殿円
  • 月の下のカウンター/太田和彦
  • テッパン/上田健次
  • 花舞う里/古内一絵