壁を壊した男 1993年の小沢一郎

壁を壊した男 1993年の小沢一郎

城本勝

本体1620円 + 税

読む

内容紹介

手に汗握る政治ノンフィクション!

1993年は、日本の政治史において最も激動の年であった。
「東京佐川急便事件」に端を発した「政治とカネ」の問題や自民党の竹下派を中心とする派閥争い。バブルがはじけ始めた経済への対応。混迷する政治に世論の不信感は大いに高まっていた。世界からはベルリンの壁とソ連の崩壊、東西冷戦の終結という“外圧”も押し寄せていた。
そんな激動の波は、永田町にいた一人の男を突き動した。小沢一郎である。
政界で既に実力者として知られていた小沢は、同志の羽田孜らと共に自民党を離党し、政権交代を起こすべく、水面下で動きを加速させていった。
しかし、小沢の前にはいくつもの障壁が立ちはだかった。親小沢か反小沢という心理的な壁、選挙制度改革をはじめとする政策の違いという主義主張の壁、あるいは与野党という敵味方の壁——。小沢は前進と後退を繰り返しながら、非自民からなる細川護熙政権を誕生させた。「五五年体制」という最も強固な壁をぶち壊したのだ。
そんな最も政治が熱かった「1993年」という1年を駆け抜けていった小沢ら政治家たちの姿を描いていく。そして「1993年の小沢一郎」を通して、現代の日本政治が再びダイナミズムを得るためのヒントを探す。

(底本 2023年7月発売作品)

同じジャンルの書籍から探す

逆説の日本史26 明治激闘編 日露戦争と日比谷焼打の謎 佑樹 家族がつづった物語 不倫女子のリアル(小学館新書) 辻政信の真実 〜失踪60年−−伝説の作戦参謀の謎を追う〜(小学館新書) 低欲望社会 〜「大志なき時代」の新・国富論〜(小学館新書) 中村憲剛の「こころ」の話 〜今日より明日を生きやすくする処方箋〜 だっぺ帝国の逆襲 〜茨城県民マンガ〜 ヒトは「いじめ」をやめられない(小学館新書) 太平洋戦争 最後の証言 第一部 零戦・特攻編 イチローvs松井秀喜〜相容れぬ2人の生き様〜(小学館101新書) オウム裁判傍笑記 50オトコはなぜ劣化したのか(小学館新書) 声をたどれば 世にも恐ろしい中国人の戦略思考(小学館新書) ピッカピカの一年生を作った男 池上彰の世界の見方 中東〜混迷の本当の理由〜

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/