テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅

テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅

児玉博

本体1350円 + 税

読む

内容紹介

“戦犯”と呼ばれた男が全告白。

イランで現地採用され、社長に成り上がるや、米原子力事業を6400億円で買った男は、いつ、どこで、何を、どう、間違え、東芝を “奈落の底”に突き落としたのか。

大宅賞作家が第15代東芝社長、西田厚聰の肉声を交えながら描いた企業崩壊ドキュメント。

——東日本大震災、そして原発事故がなければ、東芝はどうなっていたんでしょうか。
「事故が起きなくても同じような問題が起きたんじゃないでしょうか。先延ばしされただけじゃないかな。すべては経営の問題だから」

2017年10月初旬、最後のインタビューは行われた。実は、西田は9時間を超える大手術、3ヶ月に及ぶ入院生活を経て、ようやく退院したところだった。存亡の危機に立たされていた古巣と同様、この男もまた死線をさまよっていた。

【ご注意】※この作品は一部カラーを含みます。

同じジャンルの書籍から探す

漫画でわかる平成の30年 写真をアートにした男 石原悦郎とツァイト・フォト・サロン 漂流郵便局 お母さんへ 届け先のわからない手紙、預かります 佑樹 家族がつづった物語 養老孟司の旅する脳 ムッソリーニの正体 〜ヒトラーが師と仰いだ男〜(小学館新書) 未来のカタチ 〜新しい日本と日本人の選択〜(小学館新書) P+D BOOKS 女誡扇綺譚・田園の憂鬱 無知の死 〜これを理解すれば「善き死」につながる〜(小学館新書) 歌舞伎町のミッドナイト・フットボール −世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間− 魚が食べられなくなる日(小学館新書) 歴史を「本当に」動かした戦国武将(小学館101新書) 戦中派闇市日記 英国王室と日本人 〜華麗なるロイヤルファミリーの物語〜 逆説の日本史2 古代怨霊編/聖徳太子の称号の謎 「バイアス社会」を生き延びる(小学館YouthBooks)

次回配信の予定

2024 7/24 水曜日
  • オバちゃんオジさんがキレやすいのは 昭和のICチップのせいだから ~レモンさん流怒りのコントロール術~/山本シュウ(レモンさん)
  • キッズペディア 身近で発見!「激レア」図鑑/岡部敬史

2024 7/25 木曜日
  • うつくしいってなに?/最果タヒ、荒井良二

2024 7/26 金曜日
  • 庄野潤三電子全集 第11巻 1995~1998年「貝がらと海の音」ほか/庄野潤三
  • こころの輪 オリンピック編 世界で戦うアスリートのくじけないメンタルをつくる24のヒント/阿部詩、阿部一二三、池江璃花子、山縣亮太
  • こころの輪 パラリンピック編 パラアスリートが教える壁を乗りこえるための24のヒント/池透暢、道下美里、山本篤
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/