猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第6巻 土地の神話

猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第6巻 土地の神話

猪瀬直樹

本体1000円 + 税

読む

内容紹介

東京の都市開発を東急グループ五島慶太を軸に検証した近代日本論。

『ミカドの肖像』の続編として書かれ、「ミカド三部作」の一環をなす『土地の神話』(1988年11月小学館刊行、1993年5月新潮文庫、2013年2月小学館文庫)を収録。

「電車通勤」というごく当たり前のライフスタイルの背景には、東京の都市開発をめぐる理想と挫折の物語があった。ロンドン近郊の田園都市をモデルにした街づくり構想に取って代わったのは、鉄道敷設の野望に満ちた一大不動産事業。関東大震災後、東京という特異な街がいかにして出来上がっていったかを、東急グループ創始者・五島慶太を軸に検証する。現代に暮らす日本人の自画像を描く、『ミカドの肖像』に続く出色の近代日本論。

本書には巻末に文庫にはない、会田雄次氏との対話「『土地の神話』をめぐって」(『週刊ポスト』1988年1月5日/10日合併号初出)や、船曳建夫氏との対話「天皇のディスコース」(『週刊読書人』2001年9月28日号初出)を収録。また、泉麻人氏による文庫版解説「五島慶太のシム・シティー」(新潮文庫版)のほか、吉岡忍氏の書評「田園調布はなぜ“田園都市”になれなかったか」(『週刊文春』1989年2月2日号初出)などを収める。

同じジャンルの書籍から探す

逆説の日本史26 明治激闘編 日露戦争と日比谷焼打の謎 ゴー宣・暫二 合本版 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」全16巻 ゴーマニズム宣言NEO 2 日本のタブー ウォールデン 森の生活 上 絶望裁判2 〜SMプレイ・女通り魔・騒音おばさん〜 元検事が明かす「口の割らせ方」(小学館新書) 60年代ポップ少年 チェアウォーカーという生き方 私は車椅子で歩く。昨日も、今日も、明日も(小学館101新書) 教養としてのヤクザ(小学館新書) 両親認知症 Uターン すっとこ介護はじめました! 身近な人が「心の病」か迷ったときに読む本 ホーム・メディカ・ブックス 池上彰と学ぶ日本の総理 第18号 桂太郎/西園寺公望 民の見えざる手 デフレ不況時代の新・国富論 人生はいつだって自問自答 ドラえもん社会ワールドspecial みんなのための法律入門

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/