書くインタビュー 3

書くインタビュー 3

著/佐藤正午

聞き手/東根ユミ

本体600円 + 税

読む

内容紹介

僕はお金欲しさに小説書いてるんじゃない!

「作家はいざパソコンを前にキーボードを打ちはじめると──いったん物を書く現場の時間の流れに入ってしまうと──原稿料のことなど忘れてしまいます。自分が書いている原稿を、より良いもの、より読ませるものにするために頭を使います。エッセイでも書評でもそして小説でも、何でもおなじです。
 読まれ方はどうあれ、書くほうは、何を書くにも絶対に力を抜いたりはしないんです。そうしないと物を書く張り合いがないからです。力を抜いたりすると、抜いたとたんに、物を書くことに何の面白みも見出せなくなるからです」(本文より)

20年ぶりに長編小説の書き下ろしを始めた作家。
連載ではなく、「書いても書いても原稿料を貰えない」現場では、自身の台所事情とは別に、「小説を書くこと」について、いろいろと思うところも——。

最新作『月の満ち欠け』の執筆開始から第一稿完成までとまったく同じ時期、小説名人・佐藤正午が語っていた、「小説を書くこと」についてのすべて。

同じジャンルの書籍から探す

小学館ジュニア文庫 12歳の約束〜そして世界の頂点へ 面白い人のことばっかり! 尾崎豊 覚え書き 狼たちへの伝言 3 栄光へのポール・ポジション マリコはたいへん! 都知事失格 メタルカラーの時代10 猛速度こそ我が人生 女の名前 山口瞳 電子全集16 1972〜1973年『考える人たち』 三浦綾子 電子全集 白き冬日 山口瞳 電子全集19 1978〜1979年『血族』 怨霊になった天皇 手塚番 〜神様の伴走者〜 秘訣は官民一体 ひと皿200円の町おこし 〜宇都宮餃子はなぜ日本一になったか〜(小学館101新書) 浅草弾左衛門 第一巻 (天保青春篇・上) 三浦綾子 電子全集 孤独のとなり

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2020 2/26 水曜日
  • 非進学校出身東大生が高校時代にしてたこと/太田あや、UTFR

2020 2/27 木曜日
  • 定命を生きる ~よく死ぬための禅作法~/枡野俊明
  • ほどなく、お別れです それぞれの灯火/長月天音

2020 2/28 金曜日
  • 色川武大・阿佐田哲也 電子全集11 実験的ギャンブル小説『次郎長放浪記』ほか/色川武大、阿佐田哲也
  • 知っておきたいお葬式Q&A/佐々木悦子
  • そのときあの人はいくつ?/池上彰、稲田雅子、クー(サカガミクミコ)
  • 辻調 感動和食の味わい種明かし帖/辻芳樹
  • 人間臨終考/森達也
  • 福永武彦電子 全集19 詩人、福永武彦。/福永武彦